> 仕事 > リーダー必須!リーダーシップを発揮するための傾向と対策!

リーダー必須!リーダーシップを発揮するための傾向と対策!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.23

現在、リーダーシップのスキルが求められています。多くのサラリーマンは賃金の向上を望んでいますが、リーダーシップが発揮できる人は限られています。

その理由は「部下とのコミュニケーション」やカルチャーギャップからチームをまとめることに苦労するからです。

今回は、部下あるいはチームを導き成功するための傾向と対策をまとめてみました。ご覧下さい。

ビジョンを示すこと

明確な会社(またはプロジェクト)の方向性を定め、メンバーに徹底することはモチベーションを生み出します。これらを示していない会社は、社員がどの方向を目指していいのかがわからず、努力しようにも現実味のない単発の努力となってしまいがちです。

目的地に向けて明確な目標ステップを踏み、具体的な達成の目安をそれぞれ定めることは、リーダーにとって必須の事項といえるでしょう。

その人個人と向き合うこと

会社は数字で動いていますが、人間は感情で動いています。いくら数字を叩き出す実力派の社員でさえ、自分の尊厳が保たれなければ仕事はできません。それはどんな社員であってもそうなのです。

本来以上の力を発揮させたいならば、本来以上にその人の存在を尊重してみましょう。隠れている才能を引き出すためにも、その人とじっくり向き合うことは必ず必要なのです。

未熟な部分を最初から否定しない

人には必ず欠点があります。どんな社長であれ、苦手なことや不得意なことはあるものです。ですから部下にそれがあっても不思議に思わないことです。

問題はそれを最小限に食い止める努力と、次項で書くようにいかに長所のほうにフォーカスをあわせるかということです。

部下の長所をみつけ、最大限に活かす

通常人は人の粗探しをするのが得意です。欠点は目立つからです。しかし優れたリーダーは長所を見つけるのがとても巧いのです。それがどんな性格のビジネスマンであっても、どのようにしたら会社のために貢献できるかというのがいち早く発見できるのです。

言葉の表現をチョイスする

同じ意図を伝えるにしろ、いろんな伝え方があります。相手のミスをなんとかして欲しいときでも「何でミスしたんだ!」と怒鳴るのと「キミがそんなミスをするとは思わなかったよ」というのでは、感情に与える印象は大きく違います。

単に強権を発揮しても信頼関係は生まれない

リーダーというのはメンバーを統率する人、という意味合いで使われています。しかし、決してお山の大将になってはいけません。どんなにあなたが実力のあるビジネスマンなのだとしても、強権を振り回す人に人は付いていこうとは思いません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加