> 仕事 > もう口下手とは言わせない!会話上手になる3つの方法

もう口下手とは言わせない!会話上手になる3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.29

会話というのは人にだけ与えられた特別なコミュニケーションです。会話によって人と人のつながりが深くなったり、断絶されたりもします。ビジネスやプライベートにおいて会話のスキルは非常に重要であることは間違いありません。ここでは上手に会話をするために役立つであろう3つのポイントを紹介していきます。

1.あらかじめいくつかのネタを仕込んでおく

商談やデートの時に何を話してよいか分からないので事前準備をせずに相手と向かいあっていませんか?知識が豊富でいざとなればいくつでも会話の引き出しがあるという人であれば話は別ですが、あらかじめ人と会うことが分かっている場合はいくつか話のネタを仕込んでおくと良いでしょう。

それもトリビアのような「へぇ~」となるようなネタがお勧めです。人は知らない内容の話にはものすごく興味をひかれる性質をもっているので、まずは珍しい話を引き合いにだして会話の主導権を握りましょう。

2.常にインプットをしておく

会話やビジネス上の文章を書くことはアウトプットの作業といえます。しかしながら、人は自分の頭の中にインプットされていない表現をアウトプットすることはできません。このこと裏付けるようにジョージア・テクノロジー研究所によって「知識量がある人ほど言語能力は高い」という研究報告が発表されています。

確かに自分たちの周囲を見わたしてもユーモアのある会話ができる人は読書家である場合が多いです。気の効いた会話ができないと思っている人は一見遠回りに見えるかもしれませんが、様々なタイプの本を読んで知識をインプットしておくと良いでしょう。

3.会話をする時には常に愉快そうに振舞う

感情は感染します。南メソジスト大学の教授が行った実験によると、話し手が楽しそうに会話していると聞き手も楽しい気分になってくるという効果が確認できたようです。実際に飲み会の席でも楽しそうに話している人は会話の中心になりますが、不機嫌そうにうつむいて話している人との会話は弾みません。

これは話している人の感情が感染するからです。人と上手く話せない人は緊張している感情が聞き手にも移ってしまうから余計に上手く話すことができなくなってしまいます。緊張して上手く話せない人は形の上だけでもにこやかにしましょう。上機嫌そうに振舞うと相手の緊張感も緩むのできっと上手く話せるようになるはずです。

常にインプットをする事と笑顔を忘れずに相手との会話をリードしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加