> 仕事 > 考えるよりまずやってみる!行動優先型ビジネスマンの成功理論とは

考えるよりまずやってみる!行動優先型ビジネスマンの成功理論とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.22

af9920070388l

毎日大変な仕事を行っているビジネスマンの皆さん、皆さんは考えるより前に行動してしまうタイプですか? それとも、実際に行動する前にじっくりと考えこむタイプですか?

ビジネスマンと一口に言っても、その働き方や仕事の手際、立場や裁量権など人によって全てが違うものですよね。しかし、世の中のビジネスマンを大きく二つに分けるとしたら、やはり行動と思考、どちらを優先するタイプなのか、という分け方になるのではないでしょうか。

より仕事の出来る優秀なビジネスマンになりたい、一流のビジネスマンになりたい、苦境に負けないビジネスマンになりたい、そう思っている方は一体どちらのタイプを目指せば良いのか、結構気になるところかと思います。

思考を優先するのか行動を優先するのか。どちらのタイプにせよ一流と呼ばれるビジネスマンはいる訳なのですが、しかし今回は敢えて思考より行動を優先するタイプをオススメさせていただきたいと思います。

考えるよりまずやってみる、そうした心がけこそが、一流ビジネスマンの成功理論なのです。

考えているだけでは進まない

当然のことではありますが、ビジネスというのは非常に大きな責任の上で行われるものですよね。日々それぞれの企業は自分たちの利益をより大きなものにするために仕事を生み出しこなしています。

社会の中でやっていくというのは、基本的に非常にリスキーな選択肢です。しかし、リスクを取らずにリターンを得ることも出来ません。そのため、行動と思考、どちらを優先するかと問われたら、より成功率の高い方針を取っていくために、思考を優先するという方が多いのです。

確かに、時に一社員のミスがとんでもない額の損失になってしまうことだってあります。リスクを取りたくない、失敗したくないとい思うのは、ある意味で当然のことです。

しかし、自らが社長として会社を引っ張っていくというのでも無い限り、社員である皆さんまでもが皆考えることの方を優先すると会社はどうなってしまうのでしょうか。

悩もうが悩むまいが、夜は明けますし仕事はやらなければなりません。考えることも大切ですが、考えているだけではいつまで経っても現実の仕事は進まないのです。

皆さんがリスクを取りたくない、と考えることを行動より優先していても、社会というのはそんな思惑とは関係なくどんどん先に進んでしまうものです。スピードで進んでいく社会についていき、そこでお金を稼ぎ続けるためには、考えて足を止めている暇などないのです。

下手の考え休むに似たり、という言葉もあります。リスクヘッジを考えるのはもっと偉い人に任せてしまい、失敗しても許される社員の内に思い切りなんでもやってみるという選択肢の方が、得るものは多いのです。

ビジネスの問題は、大抵やってみればなんとかなる

考えるよりも実際にやってみることを皆さんにオススメするのは、実務的な面でのメリットが大きいからです。

ビジネスというのはいつも順風満帆に行く訳ではありません。時には大時化になる時もあります。行くてに大きな壁が立ちはだかることもあるでしょう。

しかし、そんな時にまずは考えようと足を止めてしまうと、その問題や障害をクリアすることは出来ないのです。

ビジネスにおいて皆さんに降り掛かってくる問題というのは、大抵、取り敢えず何とかしようとやってみれば何とかなってしまうものなのです。

皆さんの周囲には同僚がいますし、上司もいます。上司の上の上司だっているでしょう。足を止めてしまうと、壁を越える時に転んで怪我をすることもありませんが、思い切り壁を飛び越える経験もないのです。

ビジネスであっても、リスクを恐れていては何も出来ません。何も出来ないビジネスマンは結果を残せませんし、そうなるとどんなに優れた能力やポテンシャルを持っていても意味がないのです。

やってみてダメだったらその時また違う行動を考える。そうしても遅くはないのです。

行動をしないことで時間を浪費するのなら、やってみて後悔した方がビジネスマンとしての経験となります。そうした経験を積み上げることで、障害があった時はどうすれば失敗しないで成功することが出来るのかを理解出来るようになるのです。

どんなに丁寧に自動車の運転マニュアルを読んでも車の運転は上手く出来ません。それならば、とにかく実際に車に乗って運転をたくさんした方が運転は上手くなりますよね。

何より、誰よりも率先して動くビジネスマンというのは社会において強いリーダーシップを発揮出来ます。人の上に立つためには他人から好かれる、一目置かれる必要があるのです。

考えていつも妙案が出せるのならば良いですが、そうとは言い切れないなら、取り敢えず行動を起こしてから考える、という人の方が魅力的に見えてしまうのです。人を集め魅了するためにも、ビジネスマンとして経験を積むためにも、考えるよりまずは行動を優先しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加