> 仕事 > SOHOで快適自宅ワークを!?自宅で個人事業のすすめ!

SOHOで快適自宅ワークを!?自宅で個人事業のすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.18

2014y03m17d_190922030

多様な生活スタイルや雇用の形態が広がる現代では、もはや仕事のスタイルも会社に勤めて正社員として働くだけにとどまりません。情報化社会の進行によって、私たちはネットワークを利用して様々な方法でビジネスを考えていくことができるのです。今回はその中でもSOHOについて解説していきます。

SOHOとは?

SOHOを知っている人は、まだまだごく一部の人だけでしょう。現代のビジネスのあり方として、個人がインターネットをフルに活用して個人事業を展開していける方法です。

SOHOは「Small Office/Home Office」の略で、最小単位の企業や家庭でおこなっていく個人事業全般のことを指します。インターネットが普及してからというもの、とても便利な世の中になりましたが、ネットワークを活用できるのは生活用途のみではなく、現代ではこうした便利で最先端のビジネススタイルが存在します。アルバイトやパートに派遣社員と、現在では様々な形態で働く人が増えています。

そのことは、幅広いライフスタイルの人間が同じ国に生活している以上は当然の流れと言えますし、派遣社員ですら、つい数年前まではまだあまり認知されていない市場でした。テレビドラマやメディアなどに取り上げられて、インターネットの普及に伴い派遣雇用が充実していったことによって、現在では多くの人間が派遣雇用で働いています。そしてSOHOはもっと小回りのきく、もっと最小規模のビジネスとして存在しているのです。

これからの時代の仕事の新たな選択肢

SOHOはインターネットを利用しておこなう個人事業です。言ってしまえば、パソコンとネットワーク環境さえあれば、誰もが始めることのできるビジネスです。

現代においては様々な人が生活をしており、様々な生活スタイルが存在しますが、必ずしもみんながみんな企業に就職できる時代ではなくなりましたし、立地条件や対人面の問題などから真っ当に働くのが難しい人というのも沢山存在するでしょう。

たとえば朝の満員電車でぎゅうぎゅう詰めになるのが苦痛だという人もそのひとつとして考えることができ、SOHOは場所や環境を選ばない業種ですので、ライフスタイルや人間性を問わず様々な人が参入できるという魅力があります。

インターネットはこれからも普及していくでしょうし、現代で最先端のクラウドソーシングというビジネススタイルのあり方から考えても、SOHOでの仕事はとても効率的です。自宅にいながら仕事ができる事で時間やスケジュールの枠にとらわれず、さらには服装や職場の対人関係を気にすることなく、誰でも働くことができます。

将来なりたい専門職があって、でもそれをなすにはまだまだ時間も経験もいるという人も少なくはありません。しかし、現代ではそうしたなりたい職業に就くのにも一筋縄ではいかない経済状況があります。多くの人が仕事をしながら本当になりたい職業を目指す過程で、社会の大変さや経済状況から諦めてしまうのです。

SOHOってどんな仕事があるの?

SOHOはSmall Office/Home Officeのことを総じて指します。つまり、特別なSOHOという職業があるわけではなく、要するに自宅で仕事をする在宅ワーカーのことを総じてくくる言葉でもあるのです。では、SOHOにはどのようなものがあるのでしょうか?

SOHOは基本的にインターネットに関連してできる仕事のことを指すことが多いですが、インターネット上では様々なビジネスがあります。たとえば、ホームページを製作したり修正する仕事や、ネットショッピングの管理、商品データの編集など、依頼をする企業によって様々な仕事があり、報酬の形態も様々です。

コールセンターで電話対応をする雇用者も増えましたが、在宅でコールセンターのようにインターネットに接続して電話対応をする仕事もあります。さらにはコラムを書いたり文章執筆で収益を得るビジネスや様々なものがあります。自分の生活により合っていて、自分が働きやすい業種を見つけていけばいいですが、たとえ同じカテゴリでも依頼をする企業や担当者によって様々な条件や形態が変わってきます。

SOHOのメリット!

SOHOで働くことのメリットは何なのでしょうか?やはり社会や企業の都合にとらわれず、ある程度自由に働いていくことができるというメリットがあります。

直接対面での職場関係があるわけではありませんので、服装や身だしなみ、更には上司との人間関係なども気にすることなく働くことができます。例えば法律家になるために勉強をしているけれど、無収入で生きていくことができないので働きながら本職を目指すという場合などにもSOHOは役に立ちます。

筆者的にいえば、本来真っ当に働くことのできる人間は、やはり社会に出て働くべきです。しかし、現在目指している業種や業界があって、それを成し遂げるにはまだまだ時間も努力も必要で、それまでは一切の収入を得ることができないといった場合には、自分の都合に合わせて働くことのできるSOHOはとても便利です。

SOHOのデメリット

その反面、SOHOにはデメリットも沢山あります。まず、本来であれば企業側で管理してくれるシフトや勤務時間、業務内容などの管理を全て自分でおこなわなければいけません。

まともに本職として収入を得ていこうとすれば、それなりに大変な管理や計画性が必要になりますし、アルバイトなどと違って時給が決まっているわけでもありませんから、実力に見合った報酬が入る仕組みです。結果が全ての業種なので、作業効率が悪かったり、十分にクオリティの高い仕事ができない場合は収入もそれなりになります。

毎月の収入もすべては自分のスケジュール管理と計画性次第になってくるので、アルバイトや正規雇用と比べて安定した収入を得ていくことがとても難しいです。SOHOを副業として利用している人も沢山いますので、現在の仕事で十分な収入が得られていない場合の足しにするのには向いていますが、本当にそれだけで生活をしていこうと考えた場合には、やはりそれなりの知識とスキルが必要になります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加