> 仕事 > 仕事での気疲れで、ヘトヘトにならない為の、気疲れ解消法とは?

仕事での気疲れで、ヘトヘトにならない為の、気疲れ解消法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.04

2014_2_49

仕事も慣れてきて、人間関係もまぁまぁだけれども、会社での気疲れが自宅に帰ったらどっと出てしまうという人は少なくないでしょう。慣れてきたとはいえ、仕事には緊張感がどうしても必要ですし、人間関係にしても友達とは違い、気を遣うことも多いはずです。

帰宅する前は、緊張感も持続しているせいで疲れは感じないでしょう。しかし、家のドアを開けた途端に激しい尿意をもよおすという人も多いのではないでしょうか?さっきまで電車の中では何ともなかったのに、なぜ急に?と思うかもしれませんが、それは緊張がいっきに解けたせいでしょう。

自分ではさほど意識をしていなかったとしても、人間は外で大なり小なり、何らかの緊張をしているものです。しかし、自宅に帰った途端に気疲れがどっと出てしまうというのは、余程マジメな性格なのではないでしょうか?仕事にも神経を集中し、人間関係にも気を遣い過ぎているとか・・・。

気疲れ解消法があなたを救う!

これでは、ヘトヘトにならないのがおかしいでしょう。マジメで人に優しい性格と言われることも多々あると思います。でも、そのままだといつか近いうちに限界が来ないとも限りませんので、気疲れ解消法を一日でも早く身につけたほうがよいと思います。

まず、お昼休みなどは、なるべく一人で過ごしたほうがいいです。え?と思う人もいるかもしれませんが、一人なら人に気遣うという負担も無くなりますので、それだけでも疲れが減ることになります。食事に誘われた場合には、「今日は銀行に寄りますので」、などと言って、一人で外食でもいいでしょう。
のんびり一人で昼食をとって、余った時間をボ~っと過ごすだけでも、午前中の気疲れはかなり取れますよ。

次に、気心の知れた友人などと飲みに行ったり、食事をして過ごすのもよいでしょう。気疲れしない相手というのは、一緒にいるだけで楽な気分になれますが、それはまさに癒されている証拠です。そして、一緒に笑い合ったりすることによって、気力を与えてくれたりもします。

つまり、気疲れで失ったエネルギーを、補う為の工夫が必要なのです。しかし、お昼休みは一人で取れそうだけど、気心の知れた友人がいないとか、いるけど場所が遠いとか、忙し過ぎて滅多に会えないということもあるかと思います。

そのような場合には、自分への癒しをテーマにして動いてみましょう。休日に、疲れているからといってただ家でゴロゴロしているよりも、マッサージや整体に行くというのもいいです。体が軽くなると、それだけ心も楽になる場合が多いので、次の週からの気疲れにも耐えられるのです。

また、一人で飲みに行けるお店を見つけてみるというのもよいでしょう。仕事や、それ以外の事も話せるような仲間ができるかもしれません。アルコールが飲めないなら、一人でも落ち着けるカフェなどを探してみましょう。

自宅とは、また違った雰囲気で落ち着ける場所があるというのは、心のオアシスがそれだけ増えたということにもなりますので、気疲れした心をまた違った形で癒してくれるでしょう。大事なのは、気疲れも溜め過ぎないようにするということです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加