> 仕事 > あなたが決断することができる速さはどれくらい?3秒の直観力

あなたが決断することができる速さはどれくらい?3秒の直観力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.26

優柔不断な男は、女性にあまり好印象を与えないことは知っていても、やはりデートの時や仕事の場面で、自分が選ぶときになると選ぶのに時間がかかってしまう、そんなことはありませんか?

デートの時にどこに食事に行くのか、何をして遊ぶのか、どういうプランで進むのかを決めなくてもスっと次々決められる男と、1つ1つ優柔不断で「あれもいいな、でもこっちもいいな」と迷っている男とでは、女性からすればどちらが魅力を感じるでしょう。

そして、この決断力はそうした日常の出来事から人生における大きなことまで、大切なことというのが分かります。

結局はどちらも変わらない!?

よく、後悔することは、選んだほうが望んでもいなかったものだったこと。美味しい食事を取りたかったのに選んだほうは全然美味しくなかったり、面白そうな映画を選んだのに全然面白くなかったり。

こうした経験をすれば「違うほうを選べばよかった」と後悔することがあります。これは、誰もが納得することかもしれませんが、1つ考えたいのはもう1つのほうを選んでも本当に理想の形になったのでしょうか?

それは、自分の頭の中でイメージしているだけで、実は体験してみると思ってもみないことが起こっているかもしれません。また、理想通りの上手くいったとしても、長い目で見れば結局間違ったほうを後々選んでいるかもしれません。

そう考えると、今悪いほうを経験しても良いほうを経験しても、長い目で見ればどちらも変わらないのではないでしょうか。これは、どんなことでも当てはめることが出来ますが、たとえば空手で一回も負けたことがない人がいたとします。

その人がいくら強くても、一生負けないということはあるでしょうか?それは、負けという道を選んでいないように見えますが、負けからしか得られないことが沢山あります。

なので、最初いくら強い人でもいくら弱い人でも、長い目で見ればどちらも同じくらいの勝ちと負けを経験することになるということです。どれだけ弱くても負け続ければ、勝つ方法を嫌でも見つけ出します。逆にどれだけ強くても自分より強い相手は必ず現れます。結局、どれだけ長くやり続けるかによって同じ結果を得るということになります。

やらないと損

そう考えると、今悩んでやろうかやらないかを迷っていること自体がもったいない気がします。結局、やってもやらなくても人生で長い目で見ればどちらも経験することになるでしょう。

それだけ自分が気になっていることなのだから、たとえそれをやらなくても自分の経験やスキルが身についてきたら、それをやり始めるでしょう。

どんなことでもそうですが、たとえば好きな人に告白しようかしないかで迷っていたとしても、それだけ相手のことが好きで勇気が出ないなら、今告白しなくても後々、自分の気持ちに整理がついてきたり、相手との距離が近くなってきたりすると、自然と告白するという形になるでしょう。

だからといって、今告白しないほうがいいというわけでもありません。今告白してたとえ振られたとしても、それだけ自分に気を持ってくれてるんだということが伝わって、後々相手からOKをもらうこともあります。

恋愛に限らず、人生ではどんなことが起こるか分かりません。なので、自分の考えが全て正しいと思って行動するよりも、最終的には良い形になるのだから、今どちらを選んでも同じ結果になるというぐらいの心の余裕を持っていたほうが、すぐに決断出来ますし気持ち的にもずっと楽でいられるでしょう。

特に、仕事や人生など重要なことでは、選択を間違ったら致命的なように感じる場面もあり、それが選べずずっと悩むこともあるでしょう。ですが、それも先は誰にもわかりませんし、自分が理想のことも分かっています。

それなら、悩んでいるだけ時間と労力が無駄になるかもしれないので、エイ!と思い切ってどちらでも良いので決めてしまってもいいかもしれません。どちらか選べばスタートします。どちらも選ばないとスタートしません。

優柔不断を癖にしない

 

そして、これは癖になります。どちらも選べないという癖がつくと、どんな場面でも優柔不断になります。これは、人生にとっては大きな時間のロスになる可能性があります。頭の中でどれだけ考えても、思い通りにいかないことは多々あり、それは今の自分では把握しきれないことが沢山ある場合が多いからです。

美味しいレストランを選んだはずが、スタッフの対応が悪かったり、値段が異常に高かったり、服にシミがついたり、相手が怒ってしまったり。何が起こるか分からないところで頼りになるのが直観です。

直観こそ、自分の考えが全く含まれていないと感じるのでとても不安に感じるかもしれませんが、直観は潜在意識から湧きあがってくるものです。

つまり、自分で頭を絞って考えるよりも膨大なデータベースから答えを与えてくれるので、ある意味自分で考えるどの答えよりも信頼できるかもしれません。困った時は直観に頼る。そうした癖をつけると、男性としても魅力が上がるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加