> 仕事 > アイディアを湧き起こすために必要な「感性の磨き方」とは?

アイディアを湧き起こすために必要な「感性の磨き方」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.25

たくさんのアイディアを出せる人間は業種を問わずに貴重な人材とみなされます。なぜなら物事の変化が早い現代社会では常に色々なアイディアを出して社会に適応していかないと会社の存亡に関わるからです。

ところが優秀な学歴をもっていて、知識はしっかりあるのにも関わらず良いアイディアを出せない人を意外に多く見かけませんか?もちろん知識は必要なのですが、良いアイディアを出すためには知識だけでなくて感性も必要になります。ここでは良いアイディアを生み出すために必要な感性の磨き方について紹介していきます。

感性を磨くには感動をしよう

感性が豊かな人は色々な物事に対して感性のアンテナを張っています。他の人が何も感じないようなことに「なぜこんなに素晴らしいのだろう」「どうやってこのようになっているのだろう」と感動しながら考える力を養っていくので、他の人とは違った斬新なアイディアを生むことができるのです。そこでアイディアを生むためには様々なことに感動する必要があります。

好き嫌いせずになんでも味わう

感動するのに1番身近な方法は多くの映画や絵画、本などに触れることでしょう。これらにたくさん触れることによって、感性と同時に考える力が磨かれていき、やがて豊富なアイディアという実を結びます。

しかしここで気をつけて欲しいのがマニアになってしまうことです。マニアになるとたくさんの人が評価するものより、マニアックな作品を好む傾向が出てきますが、そうなると売れている作品を下にみてマニアックな作品しか見なくなってしまい、結果的に自分の視野を狭めてしまいます。

人気作品であろうとマニアックな作品であろうと幅広く味わうことをおすすめします。

アイディアはクリエイティブな感性と考える力から導き出されます。クリエイティブな感性と考える力は多くの出来事や作品に感動する事によって養われていきますので、様々なことに感動する習慣をつけていくようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加