> 仕事 > 会議はただ聞くだけではNG!しっかりとした聴き方で理解度に差をつけろ!

会議はただ聞くだけではNG!しっかりとした聴き方で理解度に差をつけろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.28

ビジネスにおいて会議は毎回のように行われています。それほど会議は重要なのですが、ともすると、重要であるにもかかわらす、しっかり聴くことができていない場合が多いのではないでしょうか。会議の内容をもっと真剣に聴くにはどうすればよいのでしょうか。

聞くと聴くの違い

ビジネスマンなら少なくとも聞くと聴くの違いはご存知なのではと思いますが、再確認する意味でもう一度おさらいしておきましょう。

聞くというのは、耳で聞く、漠然と聞くという意味があります。つまり、耳のみで聞くということです。一方、聴くという方になりますと、漢字を見て頂くとわかるのですが、目と耳と心で聴くという意味があります。つまり、全身を相手に向けて、目と耳と心で聴くといった意味になります。むろん、今回の聴くという行為自体は、後者の漢字を用います。

聴き方を変える

会議では聴くという姿勢を保つということが大事になってきますが、次に大事なのがどのように聴くのか、すなわち聴き方になってきます。実はただ聴くという行為だけでは、本当に聴いていることにはなりません。ちょっとした聴き方のコツがあります。

効果的な聴き方

その聴き方というのは、会議で話している人の話の内容を頭の中で復唱しながら聴くという聴き方です。そういう聴き方をしていると、相手の話す癖なども良くわかるので、自然と頭の中に入っていくのです。

このように聴くことで会議もしっかり聞き逃しがなくなります。応用として、学生には授業などでも使えますので、是非試してみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加