> 仕事 > 驚愕の事実発見!出来る男は上司からも部下からもモテていた!

驚愕の事実発見!出来る男は上司からも部下からもモテていた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.23

社内での人間関係をよくするコツをご存知でしょうか。出来る男と言われるような部類の人間は、上司からも部下からも好かれてるものです。人間は、嫌いな人の事を評価する人はあまりいないはずです。ですが、好きな人の事は、色々な良い部分を探し、評価するものですね。

嫌いな人の事は、どうにかして悪い部分を探しだそうとするでしょうし、好きな人の事は、どうにかして良い部分を探し出そうとするものです。その為、好かれてる人と言うのは、良い部分が浮き彫りに出されてくる可能性が高いという事になるのです。

それでは、上司からも部下からも好かれるようになるのにはどうしたら良いのでしょうか。一番大事なのは、自分が相手の事を好きになると言う事です。上司に対しては、尊敬の念を抱き、部下の事はきちんと仕事が出来るような環境を作ってあげることが出来、頼りになる上司になる事で部下の評価も上がります。

上司に対して、自分はついていきます。と言う意思表明をしてる人と、敵意を抱いてる人とでしたら、上司側からすると確実に前者の事を可愛がりたいと思うはずです。人間として当たり前の心理ですよね?上司の出世は自分の出世にも繋がる訳ですから、上司の為に動くことが多いのも、好かれるタイプの人の特徴です。

出来る男は、今だけでは無くきちんと先まで見ているのです。そして、今の積み重ねが未来を作っていくと言う事もきちんと心得ているため、今も大事にしているのです。上司側からすると、自分の事を信頼してくれてる人に、仕事を任せたくなるものです。

そして、自分の出世に伴い、その人を共に連れて行くという事もよくある事です。上司に好かれる為には、まずは上司を尊敬する事から始めると良いでしょう。

次に部下から好かれるようになる為には、威圧感を感じさせずに、わかりやすく仕事を教えることが出来、部下の失敗をきちんと自分で責任を持てるようなそういう人が部下からも好かれる人です。

部下のミスは自分の力量不足だったと考えられるようになると、いざと言う時に部下が色々と助けてくれるものです。部下の希望などもきちんと聞く耳を持ち、上から目線で仕事を押し付けるだけではなく、やれるだけでの適量の仕事を部下に与える事が出来ると、部下も力を発揮しやすくなるものです。

その為には、きちんと部下と向き合っていないと出来る事ではありません。一人一人、駒と思わずに人として向き合う事が出来る人と言うのが部下にも好かれる人と言う事になるでしょう。

上司からも部下からも好かれるようになると、おのずと社内の評価は上がってきてるはずです。なぜなら、何かあった時には上司からも部下からも助け舟を出して貰う事が出来ますし、信頼関係が成り立ってる為、仕事の成功率もとても高くなると言う事になります。

社内において、この信頼関係っと言うのはとても大事なものです。それが無いと良い仕事なんてものは出来ませんし、すべては信頼関係の上に成り立ってると言っても過言ではありません。

人間関係をよくする事で、出来る男と呼ばれるようになるのも時間の問題です。ただし、人間関係オンリーではなく、仕事もきちんとこなせるように努力する事で出来る男になれると言う事を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加