> 仕事 > 会社で女性の感性をいかに上手く活用するかも男性の役目です!

会社で女性の感性をいかに上手く活用するかも男性の役目です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

「女性の意見は感情面が強過ぎるから使えん」と思っていませんか?

女性の社会進出もあたり前になってきましたが、男性と女性は平等とはいっても男と女としての違いがなくなる訳ではありません。 感性の部分にしても、男性ならではの感性もあれば女性ならではの感性もあります。これだから女性は…と、よく思っている男性も実はけっこう多いのではないでしょうか?

全ての女性がという訳ではありませんが、男性からみたら女性の意見は行き当たりばったりで、先々のことまでは考えていないという場合が多いと考えていませんか?確かに、先々のことまでは考えていなかったけど、実際には上手くいった!ということも多いかと思います。

男性と女性、どちらも一長一短があります

これは、先々のことまで見なかったからこそ上手くいったという場合もありますし、反対に男性の場合は先読みをし過ぎて今が疎かになるといった場合もあるでしょう。どちらも一長一短があると考えて、女性の感性をいかに活用できるか?と考えたほうが前向きで建設的かもしれません。

女性だけの会社で、大きな利益も出して上手くいっているというところもあります。女性の中にも男性的な視野に特化した女性もいますので、そういった女性が周りの女性達を先導して、女性特あの感性を上手く活用しているというパターンが多々あります。

それは、同じ女性同士だから上手くいくのでは?と思う男性も多いかもしれませんが、男性でもコツがわかっている人は同じような結果を上げる人も多いのです。まずは、女性をひと括りで皆同じ女性だと思わないことから始めてみましょう。

どうすれば女性の直観力を納得できるのか?

もちろん、女性としての部分は皆もっていますので、女性として見ないということではありません。男性にも様々なタイプの人がいるように、女性にも様々なタイプの人がいることを理解しましょう。その中で、男性でも男性の部分を強くもっている人がいるように、女性でも女性の部分を強くもっている人がいるでしょう。

こういった女性は、「ひらめきタイプ」とでもいいましょうか、直観力に優れている場合が多々あります。しかし、理由などを聞かれると弱い面もありますので、なぜこちらのほうがいいと思ったのか論理的に説明せよ!というよう無理詰めをしてしまいますと、途端に発言が弱くなるといった場合もあります。

しかし、女性のなんとなくという直感は当たる場合がけっこうありますので、理由が説明できないからといってすぐに却下というのはもったいないかもしれません。そのような場合には、男性っぽい女性にそれに対して意見を聞いてみるという方法もあります。

そうする事によって、納得できるものが見えてくるという場合も多々ありますし、女性のなんとなくという部分がおぼろげに理解できるかもしれません。つき合うと怖い女の直感というものは、仕事に上手く活用できれば心強い味方にもなりえるのでしょう。

全体のことを考えたり、先々のことも見越しながら緻密に考えていくというのは男性のほうが得意な場合も多いですが、それだけに直観力というものは女性のほうが持っている場合が多いのかもしれません。男性の長所と女性の長所が生かされることによって、もっと大きな成果を望むというのがこれからの企業の課題といってもよいでしょう。

社内における各女性の見極め方というのは、長くなってしまいますのでいずれまた機会があればということで…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加