> 仕事 > 敵か味方か?男性が知らない女性の世界

敵か味方か?男性が知らない女性の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.03

ご存じの通り女性の世界は、まさにトワイライトゾーンの世界だ。本当にどろどろしていて、色を付ける事が出来ない(笑)。感性で動く生き物ばかりが集まるのだから無理もないが・・・

女性の力というのは、日に日に脚光を浴びている。独創的であり、実用性がある。そんな女性を採用しようと、今では企業が躍起になって力を入れている。

しかし、男性の世界と女性の世界は全く異なる。頭の中では分かっている事だが、恐らくそれはほんの入り口にしか過ぎない。女性の頭の中は、複雑で日々変化しているのだ。

女性の情報の伝達速度を知る

まず、ずば抜けた所で言うと、「女性の口コミの速さ」だ。これは、良い噂・悪い噂の有無を問わないが、速度で言うと「悪い噂」の速度が速い。

これが何を意味するかというと、良い点で言うと個人の良い所を拡散する時に有効。両方に言える事だが、その際は「影響力があり、人に話すのが好きな人」に的を絞る事。意図的に仕掛ける事で、上手く行けば驚異的な速さで良い評判を広める事が出来る

自分で自分を営業するより、人に拡散してもらう方が断然早い。企業単位でも、例えば人気のタレントやモデルを起用し、噂を拡散させるのは常套句だ。

恐ろしいのは、この逆の悪い噂の方。これは、良い噂よりも早く拡散する。しかも驚異的な速さで。男性が考えているよりも、女性は「おしゃべりが好き」なのだ。

昼間のカフェを覗いてみれば分かるが、ほとんどが女性で占めている。そして、ほとんどがとにかく話まくっている訳だ。打ち合わせと称してもほとんどは愚痴で、真剣な話をしている人はかなり少ない。ま、本人達からしたら全てが真剣なのだろうが・・・

女性は、表は笑顔で裏では恐ろしい素顔をしている事を、残念だがどこかで知っておく必要がある。感情型の生き物に、論理的な戦いだけでは勝利出来ないのだ。

女性の浸食力

女性は協調性を大事にし、団体の中で上手く生きて行く事を実に多方面から考えて行動している。環境に合わせる能力が高いのだ。

最近、多くの企業が女性管理職を置いているのも、男性と違い、こういった多様性があるからではないだろうか?

いずれにしても、職場で女性を敵に回す事だけは避けておいた方が良い。前述した情報の拡散力と合わされると、かなりやっかいな事になる。

セクハラやパワハラ等もその実体性が明確でないが故に男性からすればとても脅威だ。誠実にしていても、怜悧狡猾な女性の術中にはまってしまう事も十分に有りうるからだ。

総合的に女性を上手く扱う事が得策だと思う。つまり、職場で女性を敵に回す様な行動は避ける事。ま、本当に出来た女性には無用な心遣いだけど、それ以外の自分の権力を誇示する様な女性には存分に気をつけて欲しい(笑)。

恋愛と結婚は別

女性は何歳になっても女性である事を理解しておきたい。これは、女性の浮気を未然に防ぐ事、女性とのコミュニケーションを円滑にする事に繋がる。

女性は、常に恋していたいのだ。これは、「美しくありたい」という女性の本能が自ずとそうさせているとしか説明のしようがない。ま、浮気好き、男好きな女性も中にはいるが・・・

男性にも分かって頂ける人がいると思うが、恋をする事は人生に輝きを与え、細胞が活性化され、とにかく楽しくなる。楽しくなると、行動が前向きになったり、笑顔が多くなったり、外出する機会が増える。一つ一つを説明すると話が長くなるので割愛するが、どれも体にとって良い事ばかりだ。

恋をすると女性は綺麗になるというが、これは事実だ。男性だって同じはずなのである。

本題に入ろう。だから女性からすれば、恋愛と結婚生活は別だ。つまり、男性側がこの事を理解しないで女性を放っておくと女性は恋愛⇒浮気に至る。だから男性は女性を大切にしないといけないのだ(笑)

男性も女性の知らない所で悪さをしているのだろうが、女性だって同じ・・・調子に乗っていると痛い目に合うのは、お互い様だと言う事だ。

女性を味方につけるか、敵に回すか・・・これは、貴方の先見性と作戦次第でどちらにも転がる。

しかし、状況に合わせて女性を味方に付ける事が出来たら?それは、男性である貴方の力を何倍にもしてくれる最強の助っ人だ。この事をじっくり考えて、女性との付き合い方を吟味して欲しい(笑)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加