> 仕事 > 若いうちから知っておきたい人生に対する考え方とは?その3

若いうちから知っておきたい人生に対する考え方とは?その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.03

若いころから人生について考えておきたいことは、学校の勉強から得られることだけではないと思います。いくら学校の成績が良くても健康状態や人間関係に関することや仕事やお金に関すること、そして自分が本当にやりたいことは何かについて学ぶことは、人生という大きなテーマをより幸せにするために大切なことだと思います。これまで見てきた他にどんなことがあるでしょうか。

7.どんな仕事をしたいか考える

これは高校、それ以前から考え始める人もいて、学校にはしっかりとした進路をサポートしてくれるところもあるようです。中には進学する人もいるでしょうし、仕事に就く人、起業したり趣味を追いかける人もいるかもしれませんが、この時に「自分は何をやりたいか?」と真剣に向き合える限られた時期だと思います。

これを適当に過ごすのか真剣に自分の好きなことを追求するのかでは、それによって進んだ方向が自分にとって違ったとしても中々辞められない学校や社会に入ってしまうことになるので、しっかり向き合いたいものです。

ただ、人によって目標に対する進み方が違い、目標を決めてそれにスケジュールを立てながら一歩ずつ進んでいくタイプ、もしくは目標は何となく決めて自分の感情に従って進むタイプ、どちらもバランスが取れていると幸せな人生を送りながら仕事でも自分らしい仕事が出来るようです。

また、進学する場合でも就職する場合でも、一度で急に決める前に体験という形で触れてみると、イメージしていたものとどんな違いがあるのか分かると思います。イメージしていたものとは違い、方向修正したくなっても出来ないシステムの中に入り込んでしまうとそれだけ時間がかかるでしょう。

人それぞれ持っている独自の才能を発揮できるように、自分に合った仕事を選ぶ事は、長い人生から考えても大切なことです。

8.原因と結果の法則

どんなことにも原因があり、それが結果を生みだす因果関係についても知っておくといいかもしれません。これは、それをやることでそうなるというシンプルな考え方ですが、一生を通じて大切なテーマだと思います。なぜなら、今の自分を変えたいと思ったり進みたい道が分からないという時、どんな時でもこの法則は当てはまるからです。

今の自分を変えたいと思ったら、変えたいと思う自分になった原因が何かが分かれば、違う原因になる行動、思考、感情に切り替えることが出来れば、自然と結果が変わってくるからです。

また、進みたい道が分からない時も、なぜ進みたい道が分からない自分になったのかという原因を探ることで、その自分を変えるアプローチをして進みたい道が分かる自分に変えることが出来るでしょう。

そうした身近なことから地球で起こっている出来事にもこうした法則が当てはまります。不況という結果はどんな原因があるのか、不仲という結果はどんな原因があるのか、好きなことをしている人の結果はどんな原因があるのか、そうしたことを調べていくと、自分のなりたい姿という結果になれる原因を追求することで、よりその自分に近づくことが出来るでしょう。

9.知恵とスキルを学ぶ

自分らしい人生を見つけて歩んでいく道に欠かせないのは、それの元となる周りの情報ではないでしょうか。ですが、そうしたニュースや雑誌から得られる文字や写真、動画の情報には、ただの情報か知識、もしくは知恵とスキルなどいくつかに分けることが出来ます。

情報は一時的な結果などが書かれたもので、たとえば今日の天気、今日の為替、今日のニュースなど一時的なものが多く、それが一生使えるような知恵やスキルになるわけではありません。知識もそれと同じようなところがあり、役には立つけど一時的なものもあります。

たとえば、副業の稼ぎ方をサラっと書いてあげるだけでも、実際にそれをやろうとしたらどうやればいいか分からない、何をやればいいか教えてくれること、そして一生を通じて価値があるものに、知恵やスキルがあります。

一時的な情報ばかり仕入れていてもそのことに関して全体像が分かるわけではないので、たとえば大人になったら居酒屋に行くのが楽しいよ、と教わっても、それは人生という大きな全体像から見たらほんの一部の楽しみで、それが全てではありません。

そんな楽しい居酒屋の情報を色々仕入れることも楽しいですが、それと一緒にどうすれば自分らしい人生になるのかという知恵とスキルを身につけることも大切だと思います。こうした方法はたとえ若くないと思うようになってもずっと使える知恵なので、自分の中の行動の軸にしたい考え方としても使えます。

自分らしい人生とは一体どんな人生でしょうか。それをイメージしてワクワクする方向が分かれば、だんだんとその現実に近づくように色々な人からサポートされるようになると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加