> 仕事 > 一生懸命働いてますか?仕事が嫌なら一生懸命する逆転発想

一生懸命働いてますか?仕事が嫌なら一生懸命する逆転発想

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.23

あなたは一生懸命働いてますか?嫌な仕事だから熱が入らないという人もいらっしゃるでしょう。 しかし、一生懸命になってみると、嫌だった仕事にもやり甲斐を見いだせる事があるのです。

一生懸命でストレス軽減

人生のうちの大半を占める仕事が、自分がやりたくない事や、嫌な事だった場合、それはとても不幸なことですよね?

せっかくの一度きりの人生の時間を、やりたくない事に使わなければならないというのはもったいない事だと思います。

しかし、その会社を選んだのはあなた自身。本当はやりたくて決めたはずなのですが、厳しい就職戦線の中で、選択の余地がない場合もあります。

そんな時は、スキルアップをして、自分のやりたい事が出来る別の会社にさっさと転職しましょう。独立しても良いかも知れません。

やりたくない事をいつまでもやっているという事は、今の自分がそれだけの自分だという事です。やりたい事をやっている人はごく一部かも知れませんが、そのための方法をちゃんと模索して、実践して来た人だからやりたい事が出来ているのです。

まず、やりたくないことをやっている自分自身の改革から始めましょう。

では、どうすれば改革出来るのか。矛盾するようにも見えますが、実は「やりたくない事でも、まずは一生懸命やってみる」という事が大切です。

一生懸命取り組んでみると、例えやりたくない事からでも新しい事が見えてきます。その中から、自分にとって、「やるべき事」が見えてくるはずです。

何かに真剣に取り組む事を実践してみてください。やりたくない事の中にも、やるべき事が埋もれているはずです。

やりたい事が見えてくる

「やるべき事」が見つかったら、今度は「やりたい事」が見えて来ます。

何かに一生懸命取り組んでみて、やるべき事が見えて来たら、それが「誰かや何かに貢献出来る事」だと気がつくはずです。

自分が誰かに貢献出来るという事がわかれば、その中に、自分がやりたい事が見えてくるのです。自分が誰かに役に立っている時に得られる感情を、自分がやってみたいと思う方法で考えてみましょう。

すると、意外にも簡単にやりたい事が見つかるでしょう。

つまり、まず最初に何かに一生懸命取り組む事によって、充実感や行動力が得られ、そこから好奇心が出てくるのです。その好奇心が、また新たな行動に繋がっていって、色々な事を経験しているうちに、出来る事が増えます

出来る事が増えると、その中で楽しいと思った事、ワクワクした事が見えてくるという道筋が出来上がってくるのです。

今、嫌な仕事をしている人も、まずは一生懸命取り組んでみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加