> 仕事 > 寛容なリーダーに!感じたその場で怒りを沈める1分間コントロール

寛容なリーダーに!感じたその場で怒りを沈める1分間コントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.10

2014_2_106

上に立つ人間というのは、寛容である必要があります。それでは、舐められると思うかもしれませんが、考えてみてください。誰のためにリーダーになったのですか。部下が気持ちよく、最上の効果を生みだすために、あなたはリーダーになったはずです。

舐められないように、かっこよくみられたいから、といった考え方はすべて自分本位であって、自分のためであることを理解してください。そして、そのような人が舐められ、懸念されるということも理解してください。本当のリーダーは寛容です。

今回は、怒りに限定していますが、不の感情が芽生えたときには有効な手段なので、応用が利くものとなっています。1分あればできることなので、騙されたと思って試してみてください。いつの間にか、あなたは感情をコントロールする、理想のリーダーになっているはずです。

感情とは出てきてしまうものだ

感情をコントロールするというと、何が起きても温厚でいるといったようなイメージを持たれがちです。しかしそれを求めても不可能です。不の感情というのは、出てきてしまうものです。怒りも悲しみも、そして嫉妬も焦燥も。まずはそれらは仕方がないことだということを覚えておいてください。

重要なのは、それを感じたときに、怒鳴ったり、暴力に出たりと、行動に出してしまうことです。人間は選べる動物です。感じた感情にそのまま従って行動するか、冷静になってそれを諌めることができるか。しかし行動に出す前に、感情は選ぶことができません。

感情と行動の間を知る

出てきた感情を諌めること重要です。諌めることができなければ、それが口調に出てしまったり、乱暴な行動に出てしまったりといったことが起き得ます。それでは、動物です。感情と行動には間があることを知っておきましょう。

その感情と行動の間、それがここで紹介するコントロールする1分間です。なにか不の感情を感じた場合、その感情に1分間、浸るのです。目をつむり、眉間に少し力を入れ、どす黒い自分の今の感情と見つめ合います。1分もすれば、すでに行動は選べる段階に来ていることに気付くはずです。

後で、さらに詳しくこの1分間の方法は述べますが、これを行うことを習慣としてしまえば、どんな感情にも冷静になることができ、寛容な行動をとることができるようになります。まずは、感情は出てしまうものと認め、それを行動に出すまでには、間があることを知っておいてください。

コントロールする1分間

これは会話中であっても、談笑中であってもできることです。感情に飛びこむという方法です。逃げるにでは、なく、その感情と目を合わせ、しっかりと認識する時間ということです。慣れれば、1分もいらないものになるはずです。

冷静さというのは、ここで手に入れることができます。不の感情が少しでも生まれた場合、目をつむり、その感情とつきあってください。そして自分がその感情を見ていることをイメージしてください。そしてその感情のままに行動をすることが、はたして得策かどうか考えてください。

ほとんどの場合、いえ確実に、不の感情から生まれる行動というのは、いい結果を生みません。どんな不の感情でも、この方法は有効です。悲しいことがあったとき、その悲しい感情と1分間見つめ合います。その後、おいおい泣くのが大切なのか、それとも前向きに行動することが大切なのか。答えは明白です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加