> 仕事 > ビジネスは複利で成長していく?幸せなビジネスの共通点とは?

ビジネスは複利で成長していく?幸せなビジネスの共通点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.25

「ビジネスの美徳は、最小限の努力で最大限の結果を出すことだ」これは間違ってはいませんし、数字を上げる経営者や起業家にしてみれば、これこそビジネスだと思っている人も多いと思います。

もちろん、どれだけ努力をしても結果として報われないことよりも、レバレッジを効かせてどんどん拡大していったほうが良いように思われますが、こうした方法とは違った方法で成功している幸せな人もいるようです。

急成長は周りに悪影響を及ぼす可能性がある

成功している人を見ると、オーラがあったり成功する可能性を感じさせるような人ばかりですが、そうした人の中には幸せそうな人はいるでしょうか。インターネットなどでお金を稼ぐ方法などのホームページを持っている人が増えてきましたが、そうした人に共通することは、短期間でお金を稼ぐ方法ということです。

これは、ネットビジネスだけに限らず、どんなビジネスでも急成長させるためにお金を使ってお金を増やすということをやるところもあります。ですが、自分のやりたいことをビジネスにしている人は、それを自分の子供のように大切に扱います。

ゆっくり時間をかけて育てていき、その中で出会う難問や機会などを楽しんでいるようです。そして、口コミで広がっていってその人にしかない独自のブランドがゆっくりと築かれていくようです。

そうやって他にはないブランドが出来ることはビジネスにとってコアになる大事なことに加えて、やっている本人が何より楽しいというのが、周りにも幸せを与えることになります。

利益だけを追求して拡大を続けるビジネスには、それをしている人は幸せを感じませんし、何よりそれに関わっている人に悪影響を及ぼす可能性があります。拡大することに焦っていると、周りにイライラしたり、やりたくないことばかりやっていると、やはり健康面や精神面に悪影響を及ぼします。

成長することが出来るか?

そもそも、企業というのは人間の意思から立ち上がることが普通です。そこには、自分の思いや情熱などが入っています。なので、それは成長していくことがなければただのお金稼ぎで終わってしまうということになります。

ただのお金稼ぎでも、結果が出てしまうことがお金の良いところでもあり悪いところでもあるといえます。お小遣い稼ぎとしてやることならいいですが、ちょっとお金が稼げたからといってそれをビジネスにしようとすると、もっと深いところを理解しないと続かないでしょう。

最も大切なのが、自分の思い入れです。お金というのはアドレナリンのようなモチベーションを上げる作用があるので、お金が儲かれば喜び、お金がなくなれば焦るといった感情を動かすほどの力があります。

なので、たとえばギャンブルでお金を稼いだからといって、それを本職にしようとしてもそれに対してよほどのこだわりや情熱がなければ続かないでしょう。大抵の場合は、だんだんと熱が冷めていってしまいます。

このように、沸騰するような暑苦しい情熱は、後から一気に冷めることになります。そうではなく、感情的に上下が激しくなく、普通の状態でもやりたいと思ってスッと行動出来ることが、自分が心からやりたいと思えることである可能性が高いです。

そうしたものをビジネスにすることが出来れば、ずっとそれをやっていても楽しく成長していくことが出来るでしょう。

ビジネスは複利で成長する?

投資は複利で成長することは分かりますが、ビジネスが複利で成長するということはあまり聞きません。というのも、複利で成長させると自然と増えていきますが、急成長させるのがビジネスでかっこいいと思っている人は、複利で成長させることは出来ないでしょう。

なぜなら、複利というのは積み重ねが最終的に大きな資産になるというものですが、急成長というのは積み重ねというよりも付け焼刃のようなところがあるからです。

たとえば、広告をバンバン使ってお客さんを集めたりするのはすぐにお金を生む良いことのように考えられていますが、なぜ広告を使わないといけないのかということを考えることも大切です。

ブランドがあって自然に口コミが発生するものは、広告を使わなくても成長していくことが出来ますし、むやみに広告することはブランドを傷つける可能性もあります。

専門家よりもマーケターのほうが重視されることもありますが、どうしようもない商品を誇大表現で売りつけるよりも、優れた商品を謙虚に提供しているほうが、ファンは増えるでしょう。

一時的なお客さんを得たいのか、それとも一生涯に渡って支持してくれる、口コミを起こしてくれるお客さんを得たいのかでは、やり方が全く変わってきます。

そして、ずっと幸せにやりたいことでお金を稼いでいる人は、やはりしっかりとした商品やサービスを静かに口コミなどで広げていってもらうスタイルを確率している人が多いようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加