> 仕事 > ホームページの成約率を上げるために使えるテクニックその1

ホームページの成約率を上げるために使えるテクニックその1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.04

どんなホームページでも、それが趣味などの使い道じゃなければ何らかの形でビジネスやお金に繋げたいものが多いと思います。また、趣味でも人に見てもらうことで何らかのチャンス、たとえば歌のオーディションや何らかの声をかけてもらうことを目的にしている人もいるかもしれません。

何らかの形でそのホームページは自分が理想とする機能をしてもらうための1つの考え方は成約率を高めるということではないでしょうか。

デザインはブランドイメージに結び付く

どんなホームページでも見てもらうことを考えた時に、デザインが大切なのは他のホームページを見ても分かると思います。たとえば、一流の有名企業が文字だけで素人が作ったようなホームページだったら、「え?」と思うかもしれません。

また、アクセサリーや香水、アパレルといったカラーもブランドになっているホームページのカラーがいつもと違うものなら見る方は混乱するかもしれません。とはいっても、ホームページによっては凝り過ぎていて古いパソコンでは開くのに時間がかかったり、見たいページまで辿り着くのに苦労するものもあります。

画像や動画などのデザインもそうですが、やはり見たいページにすぐ辿り着けるデザインもしっかりしないと、興味のないホームページは2秒で去ってしまうというデータもあるようです。そのためには文章も大切で、コピーライティングと呼ばれるスキルはホームページ上のセールスにも活用出来ます。

売り込み感満載の文章ばかりでも見る気がなくなりますが、あまり意味のない言葉ばかりズラーっと書いてあっても見ても意味がないと感じるかもしれません。ホームページに規則のようなものはありませんが、見られやすいスタイルとしては2カラム、3カラムといわれる縦に2列、3列のコンテンツが並んでいるようなものです。

1つの商品サービスをセールスする場合はそれだけが縦に1列で説明されているものが売れやすいといわれていますが、ブログのように文章などのコンテンツも一緒に掲載したい場合は2カラム、または3カラムがいいといわれています。

中にはそんな規則性とは関係なく独自のスタイルで展開しているホームページもありますが、それはそこそこのブランドスタイルによって違っても良いと思います。

ただ、基本的なデザインとして目的のページにすぐに辿り着ける、見やすい、ブランドイメージがすぐ分かる、魅了される文章やデザインがあるといったことはどんなホームページにも使える要素のようです。

文章はセールスの核となるもの

どれだけデザインが良くても、やはり内容や商品サービスの説明がないとよく分からないのではないでしょうか。たとえば、何かのブランドでもセールスの文章ではないにしても抽象的であいまいで、何を伝えたいのか分からない文章があります。

それが良い悪いではありませんが、もっと効果的な文章は作ることが出来るのはセールストークで、たとえデザインが悪くても文章が良ければ商品が飛ぶように売れ続けることもあります。

特に、ホームページではなく普通のチラシやダイレクトメールなどは文章がメインなものが多く、これまで大きな結果を出してきたセールスレターを見ても文章ばかりのものもあります。ホームページでも文章だけ、もしくは文章のデザインが大文字や色々な形の文字を混ぜることでデザイン性をアップさせて成約率を高めているところもあります。

言葉が1文字違うだけで伝わり方が全然違うことはホームページ上でもいえることで、たとえば感情を表す言葉を1回使うのか2回使うのかでも伝わり方が変わってくるでしょう。一見無機質なコミュニケーションのようなホームページも、文章で相手の気持ちを動かすことが出来るようです。

自分カラーを出す

ホームページ上ではコンテンツイズキングといわれ、コンテンツが見られるホームページかどうかを決めるほど影響のあるものだというものです。コンテンツとは文章でも動画でも、見に来た人がためになる情報や知識を提供することで、それはホームページによって内容も伝え方も違います。

そして、デザインも文章もそこまでプロのようなものじゃなくても、自分カラーのあるオリジナルコンテンツが見たいからといってくる人が増えると、より自分だけに興味がある人が来やすくなります。

逆にあまり万人受けするようなデザインや宣伝をしていると、興味のない人も来てそういう人に限って批判していくことが多いので、そうした人が興味を示さないような戦略を取っている人もいます。

これらの方法はテクニックよりも深い根幹の部分なので、シンプルで大まかですがこれらを改善することが効果に繋がると思います。次回はより細かなテクニックを見ていこうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加