> 仕事 > 人付き合いが面倒なら考えるべき「おひとりさま」の仕事の流儀とは?

人付き合いが面倒なら考えるべき「おひとりさま」の仕事の流儀とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.10.07

人付き合いのメリットはもちろんあるけれども

人間、独りきりで何でも仕事や責任を背負い込むのは難しいものです。もしそんなことが可能であれば、そもそも「会社」という組織は必要ありません。自分ひとりが自宅の机に座り、黙々と毎日の作業に取り組めば良いのです。

実際のところは、共同作業というものも必要とするのが仕事の現場です。他人の力をうまく借りて難局を乗り切っていく人は大勢います。人脈を広げるという言い方はいかにも大げさで僕はあまり好きではないのですが、要するにいざという時に他人の協力を得られるよう、日頃から上手に他人の好感度を稼ぐ必要があるということですね。

独りで仕事をするのが好きだという人、とにかく他人の力を借りるのが上手な人など、仕事のやり方は人それぞれです。しかしながら、一般的に「煩わしい」といわれる職場での人付き合いは、全くメリットのないものというわけではありません。

自分の適性を知ってもらう努力

時と場合によっては他人の力も上手に借りるべきだということを前提としたうえで、自分ひとりで仕事にのめり込むことについて考えてみましょう。当たり前のことですが、世の中には社交的ではない人、他人とのコミュニケーションを苦手としている人がたくさんいます。特に日本人の場合、人見知り人口が多いと言われているのです。

他人と協力し合うことで自分の抱えている仕事が効率化できればいいのですが、そうでない場合は、他人と一緒に仕事をするということ自体が無駄になります。どのような仕事のスタイルを選ぶかというのは適性の問題。自分のことは自分が一番よく分かるでしょうが、会社の人間(例えば上司など)にも、自分の仕事の適性をよく知ってもらうことが必要です。こいつは一人で黙々と仕事に取り組んだ方が結果を出すということが伝われば、上司も無理にグループワークを振ってこなくなるでしょう。

一人きりで仕事に没頭したいと思うなら、まずは一人きりの仕事で結果を出すことが重要です。

いざという時の「離席」手段

独りで仕事をすることが好きなら、無理にグループワークを考える必要はない。とはいえ、部下の仕事のやり方に理解を示してくれる上司ばかりではありませんから、無理な仕事を割り振られないために、自己防衛の手段も身につけておきましょう。

私の同僚に、嫌な上司から押し付けられる仕事を交わすのがやたらとうまいやつがいます。そのことを本人に指摘すると、いかにも無意識のうちにそうなっているのだという気のない返事をするのですが、確実に故意です。まぐれがそう何度も当たって上司の無茶ぶりを回避できるわけがありませんから。

時と場合によっては私も彼の流儀を見習おうと思います。せっかくですから、嫌な上司が押し付けてくる仕事のかわし方について公開しておきましょう。

どういうわけか、嫌な上司というものは残業している若手社員に仕事を振ってくるものです。すでに残業しているのだから忙しいことは一見して分かるだろうと言いたいのですが、おそらく上司の心理として、社内に他人が少なくなった残業の時間帯こそ、哀れな若手社員にさらなる仕事を押し付けやすいということなのでしょう。自分をとがめる人間がいませんからね。

「残業時間の無茶ぶり」を避けるため、私の同僚がどのような策を講じていたか。その名も「机の上を散らかしてしまえ」作戦です。誤解のないように言っておきますが、仕事が良くできる彼は、机の整理整頓も上手にこなします。でも、その彼があえて自分の机を散らかすわけです。そんな状態の机を見せつけられた上司としては当然、「そうか、今のあいつは、机の整理が追い付かないほど大変な仕事に追われているのだな。いつもきれいにしているやつだからなあ」というふうに考えるでしょう。そうすると、さすがに新しい仕事を押し付けることが心苦しくなるわけです。実際、机の上が散らかっていて本人がその場にいないというだけで、彼は他のところで熱心に仕事をしているわけではなくすでに退社していたりするのですが、あいつはまだ会社に残っているのか、という印象を抱かせることができるのです。

さらに、こんな裏技もあります。どこの会社にもたいてい「出向表」というものがあると思うのですが、そのボードに自分の名前で「外回り中」とか「営業中」などと書き込むわけです。そうすると、自分がいかにも仕事中であるとカモフラージュすることが可能です。そして実際は営業などに出向かず、近所のスターバックスでコーヒーでも飲みながら、ノートパソコンを広げてのんびり仕事をしているわけです。会社の空気がどうも好きになれないから自分のペースで仕事できる場所が欲しいと考えている人は、案外この方法を実践しているかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加