> 仕事 > 見る人を惹きつける文章、スターストーリーソリューションとは?

見る人を惹きつける文章、スターストーリーソリューションとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.15

ビジネスの生命線ともいえるのがセールスで、セールスが上手くいくかいかないかでビジネスが失敗するケースもあります。

対面でのセールス営業はもちろん、ダイレクトメールやホームページなどで見る人を惹きつけるセールスレターを書ける力は、持っていて損は無いスキルです。不況の時代は特に求められる時代でより少ない費用でより大きな利益を上げれるスキルは重宝されます。

有名人の物語

売れる文章といっても、最初から最後まで売り込みのことしか書いていない広告は見向きもされず、人は売り込まれることを嫌います。それは断ることが苦手だったり断りきれない不安だったり、色々な心理が働きますが、一番良いのは求めている人と提供する人のどちらも満足する形ではないでしょうか。

そのためにはむやみに売り込みせずに興味がある人だけ見てくれるような文章を作ることが大切です。その中でも物語は誰もが気になるもので、それも有名人の物語はさらに信頼性が最初から高い状態で見てもらえます。

ダイエットの宣伝でも知らない人よりテレビに出ている有名人がそれを使って痩せたという事実は、効果がはっきりしないダイエット用具やサプリメントに比べて信頼性が高まるでしょう。

そうした物語を、スターストーリーソリューションとも呼ばれ、名前の通りスターのような有名人が物語でその文章を見る人の解決策を見せるというものです。

普通の物語でも効果的で、人は小さい頃から漫画やアニメ、大人になっても小説やドラマ、映画を見たりと物語が好きな心理があります。なので、セールスというと抵抗がある人もいますが、物語からセールスに移ることで見る人も抵抗なく受け入れてくれる効果があります。

物語の中にセールスを入れる

売れる物語の流れはある程度決まっていて、世界的に有名な映画やアニメなどを見ても売れる物語の流れに沿っていることが分かります。

これをセールスにも活用することで、長年ずっとセールスを続けているものもあり、有名なCMでも宣伝と分かっていながら最初にお客さんの体験物語のようなものがあると、つい見てしまうものもあると思います。

物語を見ると、特に自分と同じような人や悩み、商品サービスに関することであればなおさら興味が湧き、そうでないものでも誰かが語っているものや山あり谷ありの物語などがあると、つい見いってしまうかもしれません。

人間の人生の流れも似ているところがあり、山あり谷ありの物語を見るとそれに投影したり、ちょっとしたページ数の広告のものでも目に入ります。

有名人が悩んでて、どうやっても解決出来ず、そんな時に出会った商品サービスのメリット、デメリット、向いている人いない人などをこと細かく書かれていたら、それは宣伝というより有名人が詳しく自分に教えてくれている感覚になることもあります。なので、自然とそれを買うという選択をするのが、有名人の物語のメリットです。

もちろん興味のない人は買わない選択をするでしょうが、商品サービスの価値をより100%に近い形で伝えるということでは、無理やり売り込むわけでもなく見る人が「欲しい!」という気持ちになる方法として、それも物語を作っている人も楽しめるのもメリットです。

優れたセールス

物語を作っている人が楽しめれば、その楽しさが見る人にも伝わります。嫌々書いている物語は見ても心が動かないのではないでしょうか。優れたセールスはセールスをする人もわくわくしていることで、そこには売り込みという言葉ではなく、共感や感動があると思います。

優れたセールスマンはセールスが苦手という言葉があるように、ただその商品サービスが好きで自分がわくわくしていれば、それに興味を持ってくれる人が増えていくというものです。

それをより価値を伝える方法としてセールスがあり、その方法の1つとして物語があります。また、物語にも色々な形があり商品サービスが出来るまでの感動物語やそれを作った人の物語、2人の人物を比較する物語や人間ではなく動物やキャラクターに語らせる面白い物語など、考えようによっては自分で作り出すことも出来るでしょう。

ですが、物語だけじゃなくセールスレターに大切なのは面白さで、つまらない文章は短くても長くても途中で飽きられてしまうでしょう。どれだけ長くてもそれが面白ければ最後まで読まれますし、それだけの文章をもらったらお得な感じもプラスすることも出来ます。

物語をセールスに結び付けられるスキルはいつの時代も重宝され、それはどんな商品サービスを扱っていても人の感情を動かすことが出来る物語はお金という対価を引き寄せてくれる優れたスキルになると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加