> 仕事 > 頑固な性格は仕事をする上で凄く不利になる!そんな方の改善方法

頑固な性格は仕事をする上で凄く不利になる!そんな方の改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.10.11

あなた自身が自覚しているかはわかりません。しかし、意外と頑固な方って多いのです。もし自覚しているのならば、その頑固さは相当なものと言えるかもしれませんね。

頑固な性格は、仕事をするうえで実は相当な不利な要素を含んでいるのです。あまり良いことではありません。

そこでここでは、頑固な性格を改善する方法をご紹介したいと思います。

自分が頑固な性格だと自覚できている人は少ない

あなたは自分が頑固だと思いますか?ここでYESと言える方は、あまり居ないと思います。現代社会で頑固というのは、どうしてもマイナスなイメージ。やはり自分がそうであるとは、なかなか認めづらいものがありますからね。

しかし、過去に恋人や親しい友人に「あなたは頑固だ」と一度でも言われたことがある方は要注意!高確率であなたは頑固な方です。よほど親しい間柄でないとなかなか言われないと思いますが、恋人なり友人なりは、きっとあなたのためを思って言ってくれたのでしょう。忠告であり警告です。是非、これまでの人生思い返してみてください。

簡単な頑固人間の見分け方

簡単なテストをさせていただきます。

まず、第一問!ゴールデンボンバーというグループがいます。多くの方はご存知だと思いますが、彼らはバンドの体系をとっていながら、演奏をしないという斬新なスタイルで人気のミュージシャンです。

初めて彼らの存在を知った時、どう思いましたか?「バンドなのに演奏しないなんてありえない」「そもそもあのようなグループに興味がない」このような意見だった方は、頑固な素質が大いにありえます。

逆に「面白い」「これは、これでアリ!」という意見だった方。あなたは全く頑固ではありません。頑固について考える必要はないと思います。

続いて第二問!学生時代の趣味と、最近の趣味とで変化がありましたか?NOの方は、頑固の素質が十分にあります。新しい風を取り込む癖がないのですから…。

逆に、YESだった方は、新しいものに関して受け入れる体制が出来ています。やはり頑固について考える必要はないと思いますよ。

頑固であるがゆえ損をすること

頑固な方の具体的な特徴は、自分の考えが凝り固まっているということです。ゆえに新しいものを否定してしまいがちになります。今まで見たことがないもの、聞いたことがないもの。否定から入る方は、間違いなく頑固でしょうね。

多くの仕事では新しさが求められますよね。それを否定から入ったとしたら、どうでしょうか?間違いなく面白いものは生まれてきません。時には他人の新しいアイディアにケチをつけてしまうこともあるでしょう。すると、アイディアを出した方は面白くありません。あなたとの関係も必然と上手くいかなくなります。自分で新しいものを生まないくせに、他人の新しいものを否定する…。これでは仕事で評価されるわけがありませんよね。

では、頑固な頭を改善してみよう!

改善出来るものならば、改善したい!そうですよね?ならば、是非次の方法を試してみてください。

まずは、とにかく新しいものをチェックする!ここから実践していただきたいのです。これは自分の趣味でやってみると一番効果的です。

たとえば音楽好きな方ならば、最近の曲をこまめにチェックする、などです。映画だったら、最新作はとりあえず観てみましょうよ。そして、否定から入らずに、無理矢理にでも良い所を見つけてみてください。作品になった以上、良い所は何かしらあるはずです。これを繰り返すことによって、新しい物の中から良い所を探す癖がついてきます。これは、必ず役にたつと思いますよ。

次に人の話をよく聞くことです。なるべく自分の意見を挟まずに聞き役に徹することがポイントです。話題は、結論が賛否分れるものが良いですね。あなたにも意見があるでしょうが、そこは黙って相手の意見や主張を一度飲み込んで理解するように心がけることです。これが抵抗なく出来るようになったならば、もう頑固卒業は近いのではないでしょうか。

さて、ここまで読んでいただいてどう感じたでしょうか?素直な気持ちで読んでいただき、多少なりとも共感していただけたなら、あなたの頑固度合いは問題のないレベルだと思います。改善可能です。そもそも頑固ですらないかもしれません。

本当に頑固な方は、私の話など聞く耳を持たないでしょうからね…。逆に途中で読むのを止めた方、鼻で笑った方、間違いなく頑固でしょう。今後、社会で苦労すると思うので、そんな方にこそもう一度読み返していただきたく思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加