> 仕事 > ビジネスに言葉は必要ない!笑顔の力で商談を上手くいかせる方法

ビジネスに言葉は必要ない!笑顔の力で商談を上手くいかせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.24

どうしても同僚たちと比べて口下手で中々商談が上手くいかない。そんな悩みをお持ちの方は多いですよね。もちろん日本にいる全てのビジネスマンがお喋り上手かと言うと決してそんなことはなく、恐らく口下手だという人の方が多いでしょう。

プライベートならばそうではありませんが、こと仕事の場では多少口が回った方が評価されるのもまた事実。そう思い込んではいませんか?

世の中には聞き上手、聞き出し上手というスキルを持った人たちがいます。彼ら彼女らがどのようにして相手とコミュニケーションを取っているかと言うと、決して話し上手であるという訳ではないのです。

商談を上手くまとめる、出来るビジネスマンというのは言葉以外に一つのコミュニケーションツールを持っています。それが笑顔、つまり表情なのです。口下手な人、緊張してしまって商談が上手くいかせられないという人は、見せる笑顔の作り方を覚えましょう。

笑顔の効果とは

商談において、笑顔を始めとする表情には一体どんな効果があるのでしょうか。それを考えるに当たって、笑顔とはどんなものなのかを考えてみましょう。

通常、人が笑顔になるという時はどういう意識の動きや状況を指すでしょうか。笑顔というのは、人間が持っている喜怒哀楽という感情の中でも、特に楽しい、嬉しい、楽だという気持ちを表現するツールですよね。

つまり、笑顔というのは、自分のことを見ている相手に「今この場が楽しいですよ」「嬉しいことがありましたよ」「ここでは緊張していませんよ」といったアピールをする手段なのです。

もっと言うのであれば、「この商談の場で、貴方に会えて光栄だ、嬉しい」「是非ともこの商談を上手くいかせましょう」「緊張していません。よろしくお願いします」などの感情の機微を商談相手に伝えることが出来るのです。

ピンと来ない方は、無表情の人を思い浮かべてみましょう。貴方と一緒にいる時ひたすら無表情の人を見て、貴方はその人をどんな人だと思いますか? 恐らく、「何を考えているか良く分からない」「緊張しているのかな」などといった感想を抱くのではないでしょうか。

当然ですが、緊張している人、何を考えているか分からない人と打ち解けるのは非常に困難です。商談はプライベートではなくビジネスで行われるものですが、打ち解けやすい者同士の方が話も盛り上がりますし、商談がスムーズにいくのは確かなのです。

人間には五感というものがありますが、その中でも特に情報量が多く重視されているのが視覚、目で見て分かることです。商談中相手の顔を全く見ないという人はまずいませんので、しぐさや言葉に気をつけるよりも、見た目ですぐに分かる笑顔という武器を使う方が手っ取り早いのです。

笑顔には、相手の警戒心や緊張感を緩める効果があります。

いつでも笑っていれば良い、訳ではない

ではいつ何時であってもひたすら笑っていれば良いのかと言うと、また違うのです。笑顔は確かに楽観的な様子、嬉しい、楽しい様、もしくは友好的であるということを示す非常に便利なツールですが、その一方で緊張感がないと捉えられてしまうこともある表情なのです。

笑顔で重要なのは、笑顔を出すタイミングです。元々笑い顔で、自分では無表情のつもりだけれどどうしても他人から見ると笑顔に見えてしまう、というような人でもなければ、笑顔は使い所を考えましょう。

商談をしていくに当たって、厳しい意見を言われたり真剣に論ずべき場所で笑うというのは避けた方が賢明です。笑顔は大切で効果的ですが、いつも笑顔の人は真剣味がないと判断されることがあります。ですので、笑顔はあらかじめ自分の中で使い所を決めておくようにしましょう。

笑顔を使うタイミング

笑顔を使うタイミングは、相手と顔合わせをする時、相手に好印象を持って欲しい時です。いつも笑顔でいるというのは、表情筋も疲れますし慣れていないとぎこちなく見えてしまいます。あくまで自然に出た笑顔だと思って貰えるように、適度に無表情で顔を休めましょう。

重要なのは初顔合わせの時、商談が始まる時です。人間の第一印象というのは一度決まると後から崩すのに時間がかかるものですので、はじめに相手から「印象の良い人だ」と思って貰えるようにすべきなのです。

笑顔の作り方

笑顔は、訓練することで自由に作ることが出来ます。笑顔をつくり慣れていない人が笑うと、相手に爽やかな印象を与えられません。まずは、大きめの鏡を用意しましょう。

笑顔で重要なのは、口元です。口元が上がっていればそれだけで笑顔に見えます。どんなに目元を緩めても、口元が下がっていれば笑顔には見えません。多少自分ではわざとらしいくらいに笑う時は口元を上げるようにするのがコツです。

毎日時間のある時、トイレに行った時などにこまめに笑顔を作る練習をします。慣れて来たらすっと自然にいつも同じ笑顔を浮かべることが出来るようになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加