> 仕事 > 就職活動中の方必見!就職に使えるコネクションの作り方の紹介

就職活動中の方必見!就職に使えるコネクションの作り方の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.23

就職活動または転職活動をしていると、こう思う方も多いと思います。「どうやったら採用されるのかわからない」と。あくまで正攻法の就職活動の場合、実力や経験に加えて運も必要となってきますからね。苦労する方も当然多いでしょう。

そこでコネ入社です。はっきり申し上げて、これ以上強いカードはありません。しかしそのカードを手に入れることがなかなか難しい。そう考えている方も多いでしょうね。就職に有利なコネクションの作り方。それをここでご紹介したいと思います。

交友関係は広く深くがベスト!しかし現実的にはなかなか難しい

どんな人間であろうと1人で生きていく事は出来ません。多くの友人・知人に助けられながら生きていくのです。交友関係は広く・深くがベスト!なのは誰もがわかっていることでしょう。しかし、それは現実的にはなかなか難しい、と言わざるをえません。どうしても広く・浅くか、狭く・深くになってしまいます(狭く・浅くになってしまう方も多いでしょうね)。

では、就職活動中のコネクション作りということに限って話を進めていくのであれば、どちらが望ましいでしょうか?これは、広く・浅くという結論になります。ですので、コネクション作りを意識する時期にはなるべく新しい交友関係を優先する事です。まだ浅い関係なのですから、相手がどんなカードを持っているのかはわかりません。なるべく多くのカードを見る機会を増やす努力が必要となってくるのです。

アピールすることは恥ずかしいことじゃない

知人・友人のコネクションを使って就職したいのであれば、「現在、就職先を探している」ということを大いにアピールすべきです。これが人によっては難しく感じるかもしれません。恥ずかしいと思ったり、媚びているようで嫌だと思ったりする方も多いのではないでしょうか?

はっきり申し上げて、就職活動中は相手企業に媚びる事の繰り返しです。「御社のために精一杯やらせていただきます!」など、心にも思っていないこと(笑)を大声で話すわけです。それが出来るのならば、コネクション作りのために個人にアピールする事も全く同じことをするだけです。

社会的に成功する人の多くは、自分のアピールが上手なのですね。ですので、たとえその時は空振りに終わったとしても、あなたが仕事を探しているというアピールはなるべく広い範囲でやっておいた方が良いのです。

相手側の方に「人が足りない!誰かほしいな」と思う瞬間がいつやってくるかはわかりません。その時にあなたのことを思い出させれば、大きなチャンスになるでしょう。

一番のチャンスはアルバイト先

大学生から新入社員になろうとする時期に特に有効な話をします。実は一番コネクションを作りやすいのは、アルバイト先なのです。アルバイトから社員へというよくある流れだけでなく、出入りの業者や特定の客に気にいられることによってコネクションが生まれることは非常に多いです。

何故、こういうことが起きるのか?それは、あなたが実際に働いている姿を多くの人が見ているからです。「このバイトの子、よく働くな」「こういう人がウチの会社にほしいな」と思わせるような働きが出来ている方には、少なからずチャンスはあります。本当に凄い方は、短気のアルバイト中に何件もスカウトされるそうですよ。

アルバイトだから適当にやっていればいいや!という学生…多いですよね。でも、彼らは自らチャンスを潰して、結果、大損しているのですよ。個人的には、アルバイトという不安定な立場だからこそ全力で仕事をすべきです!むしろ、社員になったらさぼって良いのではないか、と思っているくらいです。

実際にその人にどれほどの能力があるのか、一番わかりやすいのは、やはり実際に働いている現場を見ること。これは間違いないことですので、コネクションを作るためにアルバイトをする、という方法も全然アリではないでしょうか。下手な資格を取るよりもよほど現実的な話ですし、結果が出やすいでしょう。この方法でコネクション作りを狙うなら、オススメのアルバイトは当然接客業です。高級な店ならば、なお良いでしょうね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加