> 仕事 > 給料UP?転職?それとも独立?資格を取って人生を楽しめ!

給料UP?転職?それとも独立?資格を取って人生を楽しめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.01.02

menzine_0005
キミは何か「資格」を持っているか?どの会社がいつ倒産してもおかしくないような現代、資格を持っていることは間違いなく自分の武器になる。
ただ資格といってもたくさんありすぎて、どれを取得するのがいいのかわからない、そんなキミに今日はオススメの資格を紹介しよう。

資格の取得で給料UPを狙うのか、転職もアリだし、資格によっては独立も可能だ。自分のこれからの人生を考えながら読んでいただきたい。

企業にお勤めの人にオススメ

まず注目の資格が、2008年から始まった比較的新しい「知的財産管理技能士」だ。これは1級から3級まである。知的財産(著作物・商標・意匠等)に関する権利については年々複雑化し、企業や団体内でそのマネジメントを行う部署等も重要となっている。
この「知的財産管理技能士」は国家資格であり、弁理士のようにそれだけで独立はできないが、企業によっては給料や報酬のUPも期待できるだろう。今の時代、知っておいて損はない知識なのでまずは3級からトライしてみよう。
続いて、「ファイナンシャルプランナー(FP)」と「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」。金融や保険関係に所属している人には定番になりつつあるこの資格。不動産関係に勤めている人にもオススメだ。
名刺にFPや宅建主任者の肩書きが加わるだけでも、お客側の印象はワンランク上がったものになるのではないだろうか。これらの資格は比較的広い範囲で活用できるので、転職にも一役買ってくれるに違いない。

独立できる資格といえばコレ

独立できる資格と言えば「行政書士」と「社会保険労務士」。弁護士などに比べれば難易度は低くなるが、それでもキチンと勉強しなくては取得できない。その分、独立は可能だ。
実務経験がない場合は、最初は営業のように自分の足で仕事を取ってこなくてはいけないが、自分の名前で事務所が持てるのは、モチベーションも上がるし社会的な信用度も上がる。初めに、どこか他の法律事務所などで経験を積むこともアリだ。

資格は能力の代名詞

ペーパードライバーのように、免許や資格を取得していても経験値がない場合もある。しかしとりあえず取得しなくては何も始まらない。
短時間のコミュニケーションや履歴書等の書面上で能力を判断するのに、資格は大きな力を発揮する。自分の中に新しい風を取り入れたいなら、是非資格の取得も視野に入れ、新しい世界への一歩を踏み出そう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加