> 仕事 > ビジネスマン必読書!ユダヤ人の強力な必勝ビジネス魂

ビジネスマン必読書!ユダヤ人の強力な必勝ビジネス魂

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.20

W580Q100_shutterstock_268285493

ユダヤ人ってそもそもどんな人たちなの?

ユダヤ人はとても勉強熱心な人たちで、「本と服が汚れたら本から拭け」という教えがあるそうです。中国や日本ではビジネスで大成功するための源のように扱われていますが、もともとは人生の中で「教育」や「学び」に高い価値を置いている人たちなのです。

どうして知恵に重点を置いた教えなの?

なぜそうなったかというと、1千年以上昔から迫害されてきたという背景があります。土地や財産を奪われたユダヤ人は、「知恵」という奪われることのない財産を確保することを覚えたのです。

この「知恵」と「お金を失う=死」という状況が重なり、ユダヤ人は世界でも稀に見るビジネスの天才人種だと見られるようになりました。

ユダヤとビジネス

ユダヤの知恵がビジネスに非常に役立つのは事実で、ずっと差別を受けてきたハングリーな生き抜く術や、日本人から見ればあざといと思うような資産の増やし方があらゆるところに凝縮されています。

是非はともかくここまでやるのかと思うようなことも多々あり、ユダヤ人に大富豪が多いというのも頷けます。

「あなたの手にあり、他人が欲している商品を安く売るのは、ビジネスではない。あなたの手になく、しかも他人が欲していないものを売るのがビジネスだ」

これなどは逆説的に聞こえますが、ビジネスで成功するための鋭い真実をついています。欲しい人に自分のモノを売るのは誰にでもできることだといっているのです。しかし欲しくない人に売るテクニックを身に付けていれば、それは全ての人が顧客となるのです。

しかも自分の手にしているものを売るのでないとしたら、在庫を抱える必要がありません。「金持ちになる方法は一つある。明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること」

これなどは単純な言葉のようですが、実行しようとすると非常に重い言葉として響きます。このようにユダヤ人は屈強な精神と知恵を駆使し、しかも詐欺師も真っ青になるような交渉術を度々使って、毎日資産を増やしているのです。

私たちが「ユダヤ式」を活かすことはできるの?

参考にすべきことはたくさんあると思います。例えば「学習をすれば必然的に行動に移すことになる(学んだらすぐに行動するのが当然)」といったことは、頭で考えて行動しない人には耳の痛い言葉ではないでしょうか。

「情勢判断は悲観主義、行動を起こす時は楽観主義」分析はクールに、行動するときはポジティブに考えることが重要だという教え。

「叱られて嫌がる人はバカだ」頑固な人は何も得をせず、ずっと同じところに留まります。しかし人に叱られて考えを聞ける人は、どんどん向上して上へ上へとステップアップしていけるということです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加