> 仕事 > ブランドは、外付けすることより内面から染み出るものが大切な理由

ブランドは、外付けすることより内面から染み出るものが大切な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.27

ブランドと聞くと、高級なお店や車、家など、個人は関係ないようなイメージがあるかもしれませんが、何かの商品サービスを提供していて、そこに来る人が定着するとそれはその人にとってのブランドになっているかもしれません。また、直接提供しなくてもスポーツ選手や芸能人のようにメディアで活躍する人もブランドといえるでしょう。

ブランドとは、偉くてすごいものというより、それに触れる人にとってどんな影響があるか、その影響によってそれを求める人が増えたり定着すれば、それはブランドになるといえます。

ブランドは作るものじゃない?

ということは、どれだけちっぽけなお店をやっていたとしても、そこに来る人に何らかの気持ちの変化を提供しているのなら、それはそれを体験している人にとってブランドといえます。小さい子供ばかり来る駄菓子屋さんは、そこに来る子供たちからすればそこに行けば気持ちがワクワクしたり、好奇心が湧いてくる源になっているかもしれません。

そんな気持ちの変化を与えられるビジネスは素敵だと思いますが、ブランドと聞くと色々頭を使って作り上げようとすることもあるでしょう。ですが、ブランドで大切なのは外側から作り上げるより、内側から染み出てくる自分らしさが根本にないと、強いブランドにするのは難しいようです。

どれだけ大きな会社でも、その根本には誰かのビジョンがあり、それをより広げるため、改善するために沢山の人が協力してくれていると思います。そもそもそうした根本的なビジョンがなく、儲けだけを考えたビジネスは短期的な利益はもたらすかもしれませんが、ずっとそのビジネスモデルでやっていこうとなるとブランドが必要になるでしょう。

中には公的機関などの固いシステムの中に入ってずっと利益をもたらすものもありますが、それもさらに情熱的でそれの一流の人が来たら、そこで利益目的にやっていた人はシステムから外されるかもしれません。やはり、どんなことをやっていてもブランドを作ることはそれぞれの分野で信頼される存在になると思います。

自分らしさは何か?

内側から染み出るものとは、より自分らしさを追求した形といえます。

自分がほんわかしたキャラクターなのにせっかちなキャラクターを演じないといけない仕事に1日8時間以上費やしていたらいつまでもつでしょうか?これはブランドに限らず自分に合ったことを仕事にしないと苦しくなるでしょう。ブランドをメインとするビジネスも同じで、自分らしさから外れて利益や見栄えのために偽りの自分を作り上げてもそれは長くは続かないでしょう。

やはり人それぞれ個性があり、そうしたオリジナリティがそれぞれのビジネスに当てはまるからこそありのままでいられる自分も楽しいし、他にはないものに触れることが出来るお客さんも気持ちの変化をより安定的に得ることが出来ます。ブランドは得たい気持ちをより確実に、それ以上に与えてもらう可能性が高いものといえます。

たとえば、高級車を買おうとすると、その理由は高級感が得られる、上品さを感じられる、速くてかっこいい自分らしさを反映してくれているといった思考の底にある感情を満たしてくれる理由があると思います。ですが、もしその高級車を買ってそうした期待が得られなければ、それはそこの高級車じゃなくて他の車を選んだほうがいいという気持ちが出てくるかもしれません。

ブランドはそうした期待に応えてくれるものといえます。そのためには、やはり自分らしさから離れて偽りの自分でブランドを作ろうとすると、その状態の時は良いかもしれませんが、普段の自分らしさに戻るとブランドが崩れるかもしれません。

ずっと磨いていけるもの

そうした自分らしいものが見つかれば、それをずっと磨いていけるものになると思います。それが今では有名になっているブランドの原点ではないでしょうか。

どれだけ有名になっている商品サービス、人なども最初は0からのスタートでした。自分らしいことをしないで0からスタートした人は、やはりその分野で一流になっている人は少なく、なったとしてもそれをずっと続けるのが苦しくなるでしょう。

また、中には一流の腕を持っていてもビジネスとして思わしくないところは、よりビジネスに関する本などで学ぶと利益に繋げることが出来ると思います。ですが、やはりどれだけマーケティングの知識があってもそれに対する情熱がなければ、それを続けられないどころか、無理やり続けることで変な形で周りを振り回すことにもなりかねません。

誇大表現をしている広告を見ると「嘘くさい」といった気持ちが湧く人がいるなら、それが広まれば広まるほど利益も増えるかもしれませんが批判する人も増えてくるでしょう。

自分らしいことをしていれば誇大表現をしなくても自然とその一流の腕を求めて人づてで広がっていくものですが、自分らしくないことをしていると一流までいけない場合はそうした形で広めるしかないかもしれません。ですが、それがかえってデメリットになるなら、やはり自分らしいことを見つけて自分も周りも心の平安が得られる幸せな人生にしたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加