> 仕事 > 上司に求められるのは、否定ではなく部下のやる気を引き出す逆提案術

上司に求められるのは、否定ではなく部下のやる気を引き出す逆提案術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.15

2014_2_158

上司という立場にあるビジネスマンの皆さんとしましては、部下をどう扱うかは悩んでしまう問題ですよね。

明確に自身が上の立場ではあるものの、立場が上だから命じれば全て自分の思う通りになる、とはいかないのが難しいところです。しかし、いかにして部下に自分の言うこと聞いてもらえるのか、は上司の腕の見せどころです。

部下を上手に使いこなすには、部下たちのやる気を上手く引き出していく必要があります。そのために上司に必要とされるのは、部下の言葉を否定することではなく、言葉ややる気を引き出すことの出来る逆提案なのです。

何故逆提案に効果があるのか、どのように逆提案していけば良いのか、それを上司の皆さんにご説明させていただきたいと思います。

上司が楽出来る部下とは

日本では、上司は部下の管理監督を行うマネジメントだけをしていれば良い、という仕事形態ではありません。殆どの場合、上司は上司で自分の仕事をしつつ、自身の監督下にある部下たちに仕事を渡し、彼らの仕事のチェックや指導も行わなければなりません。

上司としても、自分の仕事が一向に片付かないというのは困った事態です。自分の仕事に集中出来ることが、非常に仕事が楽だという状態ですよね。

ということは、部下にはある程度自分で自分たちの仕事を見つけ、手をつけ、チェックしてもミスや不備が見当たらないような形で働いてもらうのが一番良いのです。

指示待ちタイプでミスの多い部下ばかりでは、いつまで経っても上司は自分の仕事をすることも出来ませんし、もっと大きな規模の仕事に手をつけたりすることも出来ません。

そうした部下の教育をすることが出来れば、上司として仕事が楽になるだけではなく、部下としても自身の裁量や仕事ぶりを評価してもらっている、認めて貰っている、ということにも繋がります。

部下自身の仕事へのモチベーションもアップしますし、両者にとってWin-Winな状態になるのです。そして、そんな部下たちのやる気を適切に引き出すためには、まずは彼ら彼女らの言うことを否定しない、ということが必要です。

部下が言うことを頭から否定しない

否定しないと言っても、とにかくなんでもかんでも部下の言う通りにする、という訳ではありません。

仕事をしていると、部下から何がしか意見されることがありますよね。例えば仕事の質問だったり、不平不満だったり、現在の仕事の改善案だったり、もしくはミスの報告だったりです。

そういう、部下から何か発言された時は、頭からいきなり否定の言葉を使うのを避けるようにしてください。

人間はポジティブなことよりも、ネガティブなことの方に強く執着し、注目してしまうという性質を誰もが持っています。それは危機的な状況をいち早く察知し、自分の身を守るために必要な本能があるからです。

とはいえ、職場で身の危険を感じることはそう無いのですが、それでもやはり否定の言葉、否定されたという事実は、大きな悪印象を部下に与えてしまうのです。

どんな形であれ、もしくは自分のミスであったとしても、自分の意見が否定されることに対して、部下は非常に強いショックを受けてしまいます。いつも否定ばかりしていたり、怒ったりしていると、部下は上司であるあなたに否定されたくないがために、あなたに発言しなくなっていくのです。

部下からの発言などが無いということは、いわゆる指示待ちタイプのビジネスマンになってしまうということです。上司である皆さんが部下を否定することは、長期的に考えると自分の仕事を増やし、部下が成長する機会を奪い、会社の利益を損なってしまうことに繋がってしまいます。

ですので、部下から話しかけられたらひとまず否定するのではなく、相手の意見を受け止めるようにしましょう。

部下の言葉に逆提案しよう

上司というのは、会社という縦社会の中において部下に対して絶対的な指示命令権を持っています。だからといって、一から十まで全て指示していては、部下が活躍したり成長したりする余地がありませんよね。

そこで、上司の皆さんは部下の言葉に対し、否定するのではなく逆提案、つまり問いかけを行うようにしてみていただきたいのです。

例えば部下の一人がこういう仕事をしたい、という要望を言って来たとします。彼、もしくは彼女のやる気を引き出すためには、何故その仕事をしたいのか、その仕事をすることでどんな利益が得られるのか、ということを尋ねてみてください。

上司から問い返されることで、部下は自分で自分の仕事に対して考えを持つようになります。続けていけば、自分でメリットや効果、必要性を考えた上で仕事を提案し、実行することが出来るような優秀なビジネスマンになっていくのです。

また、上司から逆提案されるというのは、仕事の裁量を任されたことでもありますので、それが部下にとって認められているという仕事のやる気に繋がるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加