> 仕事 > 派遣社員やパート達の上司として配属された時のマネジメント法とは

派遣社員やパート達の上司として配属された時のマネジメント法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.02

社員として会社の中で働いていると、時に派遣社員やパート、アルバイトなどで構成されている部署の上司として配属されることがあります。立場は明確に上なれども経験は一番下という状況になってしまう訳ですが、そうした時に有効なマネジメント法を皆さんは知っていますか?

そうした部署というのは、長い間働いている派遣社員やパートが実質的なリーダーとして振舞っている場合があります。それなりにこなれた人物ならば上手に彼ら彼女らを指揮出来るのですが、例えばまだ入社したばかりの新入社員だとどうして良いか分かりませんよね。

上司としての威厳を保とうとして積極的に仕事をしたり、新しい仕事のやり方を提案したりもするでしょう。しかし派遣社員やパートの皆さんに反対されてしまうこともある訳です。

そんな時こそ上司としての能力が求められます。人間関係に亀裂を生まず、上手に彼ら彼女らを使いこなすための考え方を学びましょう。

どんなに頑張っても経験は手に入らない

まだ配属されたばかりの上司である貴方が、どれだけ頑張っても時間を掛けても既にその職場で長い間働いている派遣社員やパートさんたちの経験には敵いません。

勿論彼ら彼女らとはまた違う経験を貴方が積んできているからなのですが、そこで敢えて自分が上に立とうとする必要はないのです。人を率いるのに経験は必要ありません。

上司という立場の人間は、何が優れていれば良いのでしょうか。部下の誰よりも仕事が出来なくてはいけないのでしょうか。それとも、部下の誰からも信頼し尊敬される人格者でなければならないのでしょうか。

答えは否です。上司というのは立場が上だからこそ上司なのです。そこに理由などありません。折角であれば人の動かし方や配置の仕方、人心掌握術を身に付けるというのは良い上司になるために有効なことですが、そうしたスキルやテクニックだけで地位が決まる訳ではないのです。

社員でなおかつ上司である貴方が契約社員やパートの皆さんと同じように、いえそれ以上に仕事が出来る必要はないのです。何故ならば、そうした仕事は実際には派遣社員やパートの皆さんに任せてしまえば良いからです。

一人の人間が全ての仕事を完璧にこなすことは不可能ですし、そんなことをしようとするのはナンセンスです。自分が直接はしない仕事を担当して貰うのですから、その道の先達として素直に尊敬すれば良いのです。

折角の部下と対立する必要はない

まだその部署に配置されて間もなく、経験も十分でないのであれば、素直に長くいる派遣社員やパートの皆さんに教えを請いましょう。「前任の方はどうされていましたか?」などでも十分です。

基本的に前任者からの引き継ぎはあると思いますが、それだけでなく直接そこで働いている人から聞き出すのが重要なのです。

事前に引き継いでいた内容と齟齬があるのであれば、派遣やパートの皆さんが楽をしようとして適当に言っているのかもしれません。これまでいた社員が適当に仕事をしていて、その結果齟齬が生まれていたのかもしれません。

どちらにしろ、そうした情報はその部署で働くにあたっての心構えの一つになりますし、最初からコミュニケーションを取ることで、派遣やパートの皆さんと仲良くする切欠になることもあるのです。

業務の内容が間違っていたり、ミスがあれば勿論上司として叱責や指導する必要がありますが、できるだけ慣れない内は部下と対立するのは避けましょう。

極端な話、思い切り対立した結果派遣やパートの中でも重要な人たちがごっそりと退職してしまったら困るのは自分なのです。その部署で問題なく働いていくために必要なことを知り、必要なスキルを身に付けるまでは穏便にいきましょう。

穏やかに対応しれば、派遣やパートの皆さんもそれ相応の対応をしてくれるものです。一緒に協力してその部署を動かして行けばよいのです。

派遣やパートの人と意見が対立した時は

新しいやり方を提案してみたりする時、これまでずっと働いている派遣やパートの皆さんと意見が対立してしまうことがあります。そういう時は、敢えて自分の考えを押し通さずに一度引き、派遣やパートの皆さんの言うとおりに一度やってみるのがオススメです。

いきなり頭から否定にかかってしまうと、相手の態度というものは頑なになってしまいます。一度頑なになってしまうと、色んなところで問題として吹き上がってしまいますので、一度相手側の意見を受け入れることが大切なのです。

その上で、自分のやり方に自信がある、どうしてもやりたいことがあるという場合は、条件をつけましょう。相手の言うとおりにひとまずやってみて、その問題点を洗い出すことを提案したり、期間を決めて例えば一週間ごとに相手のやり方と自分のやり方を試してみるなどすれば良いのです。

自分の意見を押し付けても人は動いてくれません。相手の意見を尊重しながら交渉するのが上手な方法です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加