> 仕事 > イノベーションの本質とは?新しい価値を生み出す力を付けましょう

イノベーションの本質とは?新しい価値を生み出す力を付けましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.13

イノベーションとは、新しい価値を生む事です。そしてそれは企業の使命です。イノベーションを起こす様々なチャンスを考えてみましょう。

イノベーションってよく聞くけどどういう意味?

イノベーションというのは、一言で言うと良い変化を起こすという意味です。イノベーションを新技術による新商品という意味で受け取られている方もいらっしゃいますが、実はイノベーションの意味合いはそれだけでは無いんです。

良い変化を起こす事にこそ、その本質があります。例えば、わざわざ新しい技術を使わなくても、既存の技術に対して少しのアイデアを加えるだけで新たな市場にアプローチする事が出来たり、全く違う商品に生まれ変わったりする、そういうイノベーションもあります。

また、商品の事に限らず、組織改革によってチームが今までよりも成果を上げる様になる、そのきっかけになったアイデアもイノベーションを呼んだ事になります。

その他、生産現場に置いても工夫によって生産性が上がったり、品質管理の現場においても、画期的なアイデアによって不良流出率が下がったりと、どの様なところにもアイデアによって良い結果を出す事。それがイノベーションです。

イノベーションが生み出される時には、何らかのサインがあります。どういう時がイノベーションを生み出すきっかけだと思えば、イノベーションが生み出されやすいのでしょうか?

予想外の事が起きた時

イノベーションのサインは、予想外の事が起きた時に出ます。予想以上に成果が上がったとか、予想していたよりも成果が低かったとか。そういう時はイノベーションのサインが出たと思いましょう。

なぜなら、良くも悪くも予想を超えるという事は、こちらが提供する事と顧客のニーズや顧客のウォンツとの間にギャップがあるという事です。そのギャップを埋めるために、どういう事が必要なのか、どうすればそれを利用出来るのかという事を考えるきっかけとなります。

需要と供給にギャップがある時

需要と供給にギャップがある時はイノベーションのサインです。供給はこちらが想定、または準備をしている内容。それに対して需要がついて来ない時は、何が足りないのかを考える必要があります。逆に需要が沢山ありすぎて供給が追いつかない時にも、供給量を上げるためにはどうすれば良いかのサインです。

良い企画だと思ったのに集客に至らないとか、逆に少人数でやるために企画した事に申し込みが殺到したとか、そういう場合もイノベーションのチャンスなのです。

プロセスに不協和が出た時

プロセスに不協和が出た時もイノベーションのサインです。例えば仕事をする中で、手順通り仕事をしているのに途中の工程だけ非効率になったりする場合に、イノベーションの可能性が隠れています。

市場や人口構造に変化が出た時

マーケットに置いて、ニーズの変化が出た時や、マーケットの年齢構成や男女の構成などの変化が現れた時もイノベーションのサインです。

価値観が変わった時

世間の価値観が変わった時もイノベーションのサインです。これは仕事において、環境において、教育においてなど、様々なシーンで価値観というのは時代によって変わります。

分野によって、価値観が変わる周期にも違いがありますが、そういった価値観が変わった時にも新たな価値観に対して上手くアプローチをするアイデアを持っているかどうかで、イノベーションの可能性があります。

過去の資産を利用した新たなアイデアを提案出来る時

過去の技術やノウハウなどの資産を活用し、それを組み替えたり新たなアイデアを加える事によってイノベーションは起きます。そういう事を考える機会が巡ってきた時には、そのチャンスを存分に活かして、市場のニーズを掘り起こす事が出来ないかと考えてみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加