> DIY > 子供のおもちゃで解決!壁に空いてしまった画鋲の跡を綺麗に消す裏ワザ!

子供のおもちゃで解決!壁に空いてしまった画鋲の跡を綺麗に消す裏ワザ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.15


カレンダーやポストカードなど、賃貸の壁でも気にせず飾りたいと思う人は多いと思います。大丈夫だろうと思って刺してしまったピンや画鋲。外してみたら思っていた以上の目立つ穴になっていたなんてことありませんか?そんな時は是非この方法を試してみてください!

【用意するもの】

お子さんのおもちゃでよく見かける小麦粉粘土。文房具屋さんやホームセンターなどでも簡単に見つけることができます。今回は白い壁なので、白を用意しました。

粘土を必要分つまみ取ります

使う量は穴の大きさにもよりますが、ほんの一つまみ程度です。

穴の大きさを確認してみましょう

部屋の壁のインテリアとして飾っているポストカードに着目。

しっかりピンで固定されています。早速このピンを外してみましょう。そんなに穴なんて目立たないと思っている方…覚悟して下さいね。

普通のピンで穴がこんなに目立つのです。これでは退去のときに敷金マイナスとなってしまいます。でも大丈夫。今からこの穴を目立たなくして見せましょう。

早速穴を消してみましょう

先ほどの小麦粉粘土の大きさを確認。ちょうど良さそうですね。

指で簡単に丸めます。この時あまり粘土をいじりすぎると色が黒くなったり、粘度が減ってしまいますので注意しましょう。

丸めた粘土を穴の上に貼り付けます。

指でぐっと押しつけましょう。

わかりやすく背景を変えてみてみましょう。こんな風な棒状になるまでコロコロを繰り返します。

完成です。ほら、穴がわかりません

棒状の粘土をどかしてみると…穴の中に小麦粉粘土が綺麗に入り込み、穴がどこかわからなくなっています。今までに引っ越しを5回しましたが、この方法を見破った大家さん、不動産会社さんはいませんので是非お試しください。壁の色が白ではない場合には、他の色の小麦粉粘土を使用して下さい。色々な色を混ぜればより一層自宅の壁の色に近づきますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ