> DIY > 輪ゴムで簡単!掃除機では吸えない障子やふすまの隅のホコリを取る方法

輪ゴムで簡単!掃除機では吸えない障子やふすまの隅のホコリを取る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.06


ふすまや障子の下に溜まったほこりって、指でガリガリ取らないとキレイにならないので、面倒ですよね。「まあいいか、次で・・・」と後回しにしているうちに、どんどん固まっていちゃったりして。そんなほこりを、簡単にとる方法をご紹介します!

掃除機は私たちの暮らしに欠かせない家電製品です。ホウキもチリトリもいらず、さっと上から滑らせるだけで、ほこりをすいとってキレイにしてくれます。

でもホラ毎日掃除しているつもりでも、いつの間にか、ふすまや障子の端っこに溜まってしまいます・・・。文明の利器にも限界があるということですね。でもだからといって、ガリガリ指で取るのではあまりにアナログすぎます。裏技を使って、お手軽にほこりを除去しましょう!

用意するものはこれだけ!

用意するものは輪ゴム2~3つ。これさえあれば、固くなってこびりついたほこりも、キレイに取り除けます。

ほこりを取りたい場所に輪ゴムを置く

輪ゴムを、このようにして、ほこりの溜まったふすまや障子の隅に置きます。さあ、マジックですよ~。なんの変哲もない輪ゴムを、何の変哲もない(というかほこりの溜まった)ふすまの端に置きます。重なっていないといけないとか、位置がどうだとかは言いません。とにかく、ほこりの上に置けばよいのです。

あとはふすまを数回開け閉め!

この状態で、ふすまを動かして輪ゴムをコロコロ動かします。さて、これでどうなるのかというと・・・

輪ゴムが隅々のホコリや汚れを拾ってきてくれます!

ほら、ごらんください、キレイになってしまいました! 輪ゴムが、ふすまや障子の隅に固まったほこりをからめとってくれるわけですね。うーん、ゴムの力はすばらしい。粘着力と、ふすまを開け閉めしたときの圧力で、ほこりがすっかり除去できました。

最後に

輪ゴムを置いて、ふすまや障子を開け閉めしてコロコロするだけで、こんなにキレイになりました。いちいちひざまずいて、爪でガリガリしないといけないと思うとおっくうですが、これなら楽にできますね。

お掃除のあとに、さっとできて便利ですね。こういうところに溜まったほこりというのは、「放っておくと固まってどんどん取るのがめんどうになるぞ~」という心のプレッシャーのほうが、けっこう辛かったりします。固まってきたほこりを見ても、「あとで輪ゴムでコロコロすればいいだけだし、ノープロブレム!」と思えると、心がラクですね♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ